toggle
2018-12-31

3人を繋いだ1枚のパンツ!?映画『ジャンクション29』BOYS AND MENの水野勝さん、田中俊介さん、本田剛文さんに名古屋でインタビュー


 

2019年2月22日から公開となる映画『ジャンクション29』はBOYS AND MENの水野勝さん、田中俊介さん、小林豊さん、本田剛文さんが主演を務めている“等身大の29歳”4人のエピソードを描くオムニバスストーリーです。水野さんは「結婚の条件」で結婚はビジネスだと割り切る結婚相談所の“カリスマ仲人”、田中さんは「ツチノコの夜」で親のすねをかじりながら映画を作る自主映画監督、「バズる」で本田さんはくだらない動画の投稿を続ける“バズチューバー”を演じ、小林さんは3人それぞれに絡む「もう1人の29歳」として出演しています。

「結婚の条件」「ツチノコの夜」「バズる」はテレビ愛知、ホームドラマチャンネルほかでドラマとして放送され、小林さんが出演する映画オリジナルエピソード「ジャンクション」を含む映画『ジャンクション29』の公開へと繋がります。それぞれが演じた役柄や役作り、現場での様子、3人を繋いだ“ある衣装”のエピソード、BOYS AND MENへの想いなどを語ってくれました。(取材日:2018年12月10日)

【以下、1月11日更新】

劇場公開に先駆けて、2月3日(日)109シネマズ名古屋での舞台挨拶付き完成披露プレミア上映の開催が決定しました。開催概要を更新しました。

スポンサーリンク




ドラマ版の放送予定は以下をご確認ください

テレビ愛知

2019年1月5日(土)深1:20~2:20 『ツチノコの夜』『バズる』

ホームドラマチャンネル

第1話『ツチノコの夜』 2019年1月21日(月) 深 0:15 、 28日(月)後 0:15

第2話『結婚の条件』2019年 1月21日(月)深 0:45 、 28日(月)後 0:45

第3話『バズる』 2019年1月28日(月) 深 0:15

スポンサーリンク

2月3日に名古屋で舞台挨拶付き完成披露プレミア上映開催!

劇場公開に先駆けて、2月3日(日)109シネマズ名古屋での舞台挨拶付き完成披露プレミア上映の開催が決定しました。チケットのプレリクエスト(抽選)エントリーは1月12日から、一般発売は1月19日からです。詳細はこちら

日程:2月3日(日)

会場:109シネマズ名古屋(名駅)

Address:愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60-14 マーケットスクエアささしま2F

名古屋市中村区平池町4丁目60-14

①時間:9:30の回 上映後舞台挨拶

②時間:12:15の回 上映前舞台挨拶

※②の上映回にはマスコミ取材が入ります。映り込む可能性がございますので、予めご了承ください。

登壇者(予定):水野 勝、田中俊介、小林 豊、本田剛文

※登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

料金(税込):2,500円(エグゼクティブシート3,000円) 来場者プレゼント付き(別途チケット手数料あり)

スポンサーリンク

三人三様の役作り

映画『ジャンクション29』はBOYS AND MENの水野勝さん、田中俊介さん、本田剛文さん、小林豊さんがそれぞれ29歳の若者を演じているオムニバスストーリーです。結婚相談所の社長で“カリスマ仲人”を演じた水野さんは「僕もグループのリーダーなので共感できた部分もありました。」と話し、結婚相談所がどういうものか勉強したと教えてくれました。また妹がいる役だったことについて「僕(実際に)妹がいるので自分と寄添いながら考えれた役柄で、やっていて楽しかったですね」と振り返り、実際の妹との写真を本編で使ったと明かしました。

自主映画を撮っている映画好きな男を演じた田中さんは「今までにやったことのないような本当に僕にとってはハードルの高い作品だったので、そこへの不安とそれを飛び越えなくちゃいけない責任を感じていました」と話しました。

スポンサーリンク

現場では監督からの細かな演出に応えつつ自分の感情を乗せて演じることに必死だったと振り返りながら「裏話なんですけど(田中さんが演じた)吉田の家は映画(のDVD)がバーっと置いてあって、言っていいのかな?(「ツチノコの夜」の脚本・監督である)ウエダアツシ監督の本当の部屋なんですよ。僕自身も映画好きっていうのもあるので、そこへの高揚感もありました。」と撮影場所についての秘話も教えてくれました。

“バズチューバー”を演じた本田さんはネット動画のシーンがほとんどアドリブだったことを明かし「僕が演じた役は“面白くないバズチューバー”なので、一生懸命やったんですけど出来上がりを観たらつまんなかったので、微妙に若干傷つくところなんですけど、今回の作品的にはグーだったと思います」と笑顔で答えてくれました。

「アドリブは情報番組やバラエティ番組で慣れているはずなんですけど、お芝居の中でアドリブになると本田(いつもの自分)が出てきてしまうので、そこの苦労はありました」と話しました。

スポンサーリンク

3人を繋いだ1枚のパンツと小林豊さん

映画『ジャンクション29』は水野さん、田中さん、小林さん、本田さん、それぞれが演じる“等身大の29歳”が登場します。水野さんの「結婚の条件」、田中さんの「ツチノコの夜」、本田さん「バズる」の3作品すべてに小林さん演じる「もう1人の29歳」が出演しています。小林さんとの共演について、3人は「必要最低限のコミュニケーションで行きました」「役のまま、いてくれたので見下しやすかったです」「いつもの小林よりはローに入れている感じでしたね」などとシリアスな役柄だった小林さんの様子を教えてくれました。

そして水野さんと田中さんが同じデザインの派手なパンツを履いていたことについて聞くと田中さんは「僕の方が水野より先の撮影だったんですけど、僕の現場の時に『このパンツを次の作品の水野くんに受け継がせたいんだよねー』って言ってて『それ面白いですね!』って、出来上がったら同じように履いていました」とデザインが同じどころか、まったく同じパンツが水野さんのもとに届いたことを明かしました。

水野さんは「僕は田中が履いたやつを履いています。2番目です。温もりを感じました」と発言していました。そのパンツがその後どうなったのか聞くと、本田さんは「(僕のところには)小道具としてきました。(監督が)『履かせるシーンはねえなぁ』って悩んでました」と話していまいた。田中さん、水野さん、本田さんへと渡っていった“パンツ”にも注目してくださいね!

スポンサーリンク

ドラマから映画へ!個々の活動を経たボイメンが集結!

映画公開に向けての気持ちを聞くと田中さんは「まずドラマで3話が流れてからの劇場版という形なのでドラマで興味を持ってくれて、劇場に足を運んでもらえたら」と言い、水野さんは「まず好きな作品を見つけてもらいたいです。好きなキャラクターを見つけてください」と個性的なキャラクターがたくさん出演している魅力を語りました。BOYS AND MENのメンバーが集まって一つの作品を作ったことについて田中さんは「ありがたいことに一人一人でお芝居できる機会が増えてきたので、ひとつの作品を(メンバーと)作ったことは嬉しいですね!」と笑顔をみせました。水野さんは「今年、ボイメンは9年目になるので、家族みたいなものなんですけど、こういう作品をやると、今まで見てこなかった(メンバーの)顔をみられていいきっかけだったなと思いました」とリーダーとしてコメント。

本田さんは「10人が10人、ぞれぞれ自分の得意分野で仕事をして、武器を持って帰ってきているので、それが面白い結果を生み出すんだと今回思いました。何年か後にまた、こういう作品を作れたらいいなと思います。自分が何をできるのか、みんなが何を繰り出してくるか、ひとりのボイメンファンとしてワクワクします」とこれからの展開に期待を寄せていました。

スポンサーリンク

ドラマ版の放送予定は以下をご確認ください

テレビ愛知

2019年1月5日(土)深1:20~2:20 『ツチノコの夜』『バズる』

ホームドラマチャンネル

第1話『ツチノコの夜』 2019年1月21日(月) 深 0:15 、 28日(月)後 0:15

第2話『結婚の条件』2019年 1月21日(月)深 0:45 、 28日(月)後 0:45

第3話『バズる』 2019年1月28日(月) 深 0:15



作品概要

映画『ジャンクション29』

2018年2月22日(金)よりセンチュリーシネマほか全国ロードショー

テレビ愛知・ホームドラマチャンネルにて 3 話を放送

『ツチノコの夜』
出演:田中俊介 本多 力 佐藤 玲/菅原大吉
監督:ウエダアツシ
脚本:玉田真也 ウエダアツシ

『結婚の条件』
出演:水野 勝 細田善彦 中村 中/山田キヌヲ
監督:杉田 満
脚本:飯塚花笑 加藤結子

『バズる』
出演:本田剛文 ゆかりの小雪 成宮しずく/水澤紳吾
監督:山田晃久
脚本:保坂大輔

『ジャンクション』※映画版オリジナルストーリー
出演:小林豊 福山翔大
監督:杉田 満
脚本:加藤結子 飯塚花笑

企画・プロデュース:佐藤友彦
プロデューサー:山口幹雄 小美野昌史
音楽監督:小野川浩幸
音楽:今村怜央 あみこ
撮影監督:松井宏樹
編集:ウエダアツシ
制作プロダクション:NAC
配給:スターキャット

© 2019「ジャンクション29」製作委員会

公式サイト:http://junction-29.com/

スポンサーリンク

「彼女がいるんですよ!」ボイメンの平松賢人さん、水野勝さん、吉原雅斗さんに出演映画インタビュー

「ボイメン以前の自分は…」田中俊介さん 出演映画『ゼニガタ』名古屋でインタビュー

名古屋市科学館特別展「マーベル展」オープニングセレモニーにボイメンの本田剛文さんと吉原雅斗さんが登場!

「HiGH&LOW」初参戦のボイメン水野勝さんと田中俊介さん登壇の初日舞台挨拶レポート

スポンサーリンク
関連記事