「ボイメン以前の自分は…」田中俊介さん 出演映画『ゼニガタ』名古屋でインタビュー

5月26日に公開となる映画『ゼニガタ』は大谷亮平さんの初主演作で、表向きは居酒屋だが「10日で3割」という違法な高金利で金を貸しつける闇金業を営む銭形兄弟と彼らと関わる人々の姿が描かれています。地方都市を舞台に登場人物の人生、それぞれが抱える苦悩や葛藤などの人間ドラマも描きながら、「金」と「欲望」をテーマにしたエンタテインメント作品として楽しめる映画です。
映画『ゼニガタ』での田中俊介さんの役どころは、大谷亮平さん演じる銭形のヤミ金の仕事を手伝うことになる剣持八雲という男です。元ボクサーで殴り屋として日銭を稼いでいた彼は銭形と出会い、少しづつ変わっていきます。撮影に入る前に準備したことを聞いたところ「半年ほど前からボクシングを習っていました。」と答えてくれました。また、これまでに出演してきた映画『ダブルミンツ』や『HiGH&LOW』(THE MOVIE 2&3)の際も「自分の内面にある攻撃性を引っ張り出す作業としてボクシングを使ったりしていました。」と教えてくれました。
また様々な挫折を経験していて成功体験のない八雲を演じるために「失敗した時の感情を想い起こす作業をしました。」と話していました。田中さんは「八雲の人生がうまくいかなくて、今の自分に納得いっていなくてその状況にイライラしている感覚がわからないでもない。」と言い「僕はボイメンに出会って変われたと思っています。それまでは思うように人生を運べて来れなかったので、リンクする部分や共感できる部分がありました。」と語っていました。
主演の大谷さんとの関係について、最初の頃はあまりコミュニケーションが取れなかったけれど次第に打ち解けていったそうです。田中さんは「八雲の人間不信や不安感、劣等感が少しずつ解放されていく感じが、(実際の大谷さんとの関係も反映されて)表情にも出ていたのかなと思います。」と大谷さんに撮影以外の部分で助けてもらったところもあると感謝の気持ちを表していました。
BOYS AND MENとしての活動も忙しい中で役者の仕事が増えていることについて、気持ちの切り替えをどのようにしているのかを聞くと「やっていることは違うけれど常に意識している事は一緒で、ステージでも作品でも想いが強ければ強いほど良いものになると思うんです。」とどの仕事にも愛情を持って向きあっていることを話し「ボイメンの活動は8年になるんですがいまだに1個1個のステージをとことん楽しんでやっています!ステージもお芝居も一緒だと思います。」と話してくれました。

映画が好きで、毎日映画を観ている田中さんは東海テレビの「映画MANIA」にレギュラー出演していますが、取材中も強い映画への想いをうかがわせていました。「僕も映画が好きだから、言葉で表現するのは難しいけれど演技の上手い下手を超えたものがスクリーンから出てくると思います。役者の経験もまだまだ浅い状態の僕を呼んでくださったその気持ちに応えたい、裏切りたくないその想いで向き合っています!」と語っていました。