toggle
2019-11-07

山崎まさよしさん演じる泥棒の過去 原作トリックを見事に映像化 映画『影踏み』篠原哲雄監督に名古屋でインタビュー


 

11月15日に全国公開となる映画『影踏み』は『半落ち』『64ロクヨン』『クライマーズ・ハイ』など、数々の作品が映像化もされている推理小説作家・横山秀夫氏の同名の小説が原作で、シンガー・ソングライターの山崎まさよしさん主演で映画化した作品です。山崎さんは深夜の寝静まった民家に侵入して盗みを働く泥棒を演じており、親友の刑事が殺害された事件の謎を解きながら、自身の過去と向き合う難しい役どころに挑戦しています。監督をつとめたのは山崎さんの初主演映画『月とキャベツ』(1996年公開)でメガホンをとった篠原哲雄監督で、名古屋でインタビューすることができました。

撮影現場での山崎さんの様子や主人公の弟役の北村匠海さんについてお話ししてくれました。(取材日:2019年10月24日)

映画の公開を記念して名古屋の映画情報サイトCine@nagoya(シネアナゴヤ)から映画『影踏み』のムビチケをプレゼントします。映画の見所とあわせて、プレゼントの応募方法をご紹介します。

スポンサーリンク




映画『月とキャベツ』から20年 きっかけは伊参スタジオ映画祭

映画『影踏み』はシンガー・ソングライターの山崎まさよしさんが主演し、篠原哲雄さんが監督をつとめている作品です。山崎さんの初主演映画『月とキャベツ』(1996年公開)の監督である篠原さんは長年にわたり群馬県の伊参(いさま)スタジオ映画祭のシナリオコンペティションの審査員をつとめています。『月とキャベツ』の公開から20年の頃に、同じく審査員をつとめていた横山秀夫さんとの出会いがあり「山崎まさよしさんが横山(秀夫)さんのファンであることがわかって(映画を)やろうということになりました」と教えてくれました。横山さんの原作の多くはすでに映像化されている中で「横山さんから『山崎まさよしさんにあっている気がする』と『影踏み』の提案がありました」と話しました。

篠原監督は『月とキャベツ』の後も山崎さん主演で『けん玉』(2002年)、『グッド・バイ』(2010年)の2本の短編を制作しています。篠原監督は現場での山崎さんについて「普段はみせない表情をしていました。山崎さんは自然にそういう表情になるんです」と話し、今作で演じた“泥棒”という役どころについて「正義のために盗みに入る泥棒なんですよ、役が山崎まさよしくんのどこかと共鳴しなければいけないんです」と語りました。

スポンサーリンク

「日本アカデミー賞新人賞の壇上の北村匠海さんの〇〇さに親近感」

映画『影踏み』で重要な役どころを演じている北村匠海さんについて篠原監督は「(キャスティングが)決定的になったのは日本アカデミー賞の会場で俳優新人賞の壇上にいる彼を見たところ、あんまり明るくなくて、暗くて日陰者のような印象があって、シャイで恥ずかしがり屋な感じに親近感を覚えて、いいんじゃないかなぁと思いました」と振り返りました。実際に撮影を経て、北村さんの印象を聞くと「21歳なのに、成熟した俳優だなと感じました」と述べました。北村さんと山崎さんの様子について「北村君が音楽をやっていることは知らずにオファーしたのですが、彼は山崎さんのことを兄のように慕って、ウマがあったようで、自然に共鳴しあっていたと思います」と教えてくれました。

また『影踏み』には『月とキャベツ』に出演していた鶴見辰吾さんや真田麻垂美さんも出演しています。そして山崎さんの事務所の仲間である竹原ピストルさんが主人公を逮捕する刑事役で出演しており「山崎君は『あいつ痛いんだよ、青あざできたよ』って言ってました」とアクションシーンの様子を話しました。篠原監督は「俳優を職業としている人だと手加減するんだけど、ミュージシャンなので本気なんですよ。あ!でも、中尾明慶君も俳優なんですけど、アクション本気でやっていました」と山崎さんが今作で様々なアクションシーンにも挑戦していることを明かしました。

主人公の母親を演じるのは大竹しのぶさんです。篠原監督は「『山崎さんのファンなので共演シーンがなくても出演します』と母親役を引き受けてくれました」と出演の経緯を話しました。主人公が泥棒をすることになったきっかけに母親が大きくかかわっており、大竹さんが母親役を演じることで物語にさらに深みが生まれています。

山崎さんは今作で泥棒でありながら、親友が殺害された事件の謎を解き、自身の過去の出来事と向き合う主人公を演じています。映像化不可能と言われていた本作のトリックをぜひげ劇場でお楽しみください。

スポンサーリンク

映画『影踏み』ムビチケプレゼントの応募方法

映画『影踏み』の公開を記念して、ムビチケを抽選で2名様にプレゼントいたします。

応募方法:Cine@nagoya(シネアナゴヤ)のTwitterのアカウントをフォローし、投稿をリツイートしてください。合わせて映画『影踏み』への期待や感想を書いていただけると嬉しいです!!

プレゼント内容:映画『影踏み』ムビチケ

応募期間:2019年11月12日(火)まで

当選数:2名様

※当選者へは後日DMにてご案内をいたします。



作品概要

映画『影踏み』

出演:山崎まさよし 尾野真千子 北村匠海
中村ゆり 竹原ピストル 中尾明慶 下條アトム 根岸季衣 滝藤賢一 鶴見辰吾 / 大竹しのぶ

監督:篠原哲雄

脚本:菅野友恵

原作:横山秀夫「影踏み」(祥伝社文庫)

音楽:山崎将義

企画協力:伊参スタジオ映画祭実行委員会 上毛新聞社

制作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント

配給:東京テアトル

©2019 「影踏み」製作委員会

スポンサーリンク

【11/13〆切】3DCGアニメーションで描かれる映画『ルパン三世 THE FIRST』名古屋公会堂試写会に5組10名様をご招待!!

笑福亭鶴瓶さん主演・精神科病棟が舞台の映画『閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー』オリジナルトートバッグをプレゼント!

スポンサーリンク
関連記事