toggle
2018-08-01

映画『ゼニガタ』名古屋再上映記念!ボイメン田中俊介さん綾部監督 三重・京都・大阪 舞台挨拶レポ


 

映画『ゼニガタ』は大谷亮平さんの初主演作で闇金業を営む銭形兄弟と彼らと関わる人々の人間ドラマを描きながら「金」と「欲望」をテーマにしたエンタテインメント作品として楽しめる映画です。本作にはBOYS AND MEN(以下:ボイメン)の田中俊介さんが銭形兄弟の闇金業を手伝うことになる元ボクサーで殴り屋の男、剣持八雲として出演しています。9月5日にDVD&ブルーレイの発売が決定していますが、まだまだスクリーンで観たいという声に応えて、名古屋駅のシネマスコーレで8月18日から上映されることが決まりました。上映スケジュールをご紹介します。

また、公開2日目にボイメンの田中さんと綾部真弥監督がイオンシネマ東員(三重)、Tジョイ京都・シネマート心斎橋(大阪)の3箇所で行われた舞台挨拶に登壇、Cine@nagoya(シネアナゴヤ)を運営しながらシネマアナウンサーとして活動している水野由美子が司会をつとめさせていただきました。可能な限りの記憶を手繰り寄せ、それぞれの舞台挨拶の様子を振り返ります。(取材日:2018年5月27日)

スポンサーリンク

「ボイメン以前の自分は…」田中俊介さん 出演映画『ゼニガタ』名古屋でインタビュー

 

公開2日目の舞台挨拶は三重・京都・大阪の3箇所!

映画『ゼニガタ』が公開して2日目の5月27日にボイメンの田中俊介さんと綾部真弥監督が1日で3箇所(三重・京都・大阪)を周る舞台挨拶ツアーを行いました。田中さんと綾部監督は映画『ゼニガタ』の撮影終了後はずっと会う機会がなかったそうで、久しぶりの再会を果たしました。

イオンシネマ東員

田中さんは元ボクサーの剣持八雲を演じるにあたって、撮影に向けてボクシングの練習をしたそうです。また、撮影では空手経験者である綾部監督がリアルに見えるようなアクションを演出していたことを話してくれました。また、田中さんは映画『ゼニガタ』についてインタビュー取材を受けた際に撮影現場での綾部監督の「よーい、はい!」という掛け声を真似していたことを教えてくれました。

劇中の剣持八雲の衣装が短パンだったことについて綾部監督に質問すると「パーカーが決まって、短パンのほうがしっくりきた。」と話し、「アクションがあるので、(短パンだと)膝にサポーターを入れられないけど、大丈夫?と(田中くんに)聞きました。」と教えてくれました。

スポンサーリンク

Tジョイ京都

映画には大量のお札が登場するのですが、本物の現金が300万から400万円ほど用意されていたそうです。札束はダミーのものもあったのですが、田中さん演じる剣持八雲がお札のベットで横たわるシーンでは、田中さんの近くには本物の現金が置いてあったそうです。そのシーンではカットがかかるとスタッフが急いで駆け寄って、本物のお札を回収して足りなくなっていないか数えていたそうです。田中さんは「盗んだりしないからー、タンクトップにTシャツで隠すところないし、、」と笑いながら話していました。

また、続編があるとしたらどんな展開で誰に出て欲しいかなどの妄想トークも広がりましたが、詳細は舞台挨拶を見にきた方だけの秘密とさせていただきます。

スポンサーリンク

シネマート心斎橋

映画『ゼニガタ』の舞台挨拶として予定されているものとしては、この回が最後だということで、田中さんから「お客様からの声を聞きたい」と直前にリクエストがあり、質問タイムを設けることになりました。手が挙がらなかったらどうしようかという気持ちもあったのですが、たくさんのお客様が手を挙げてくださり、3名の方のお声を聞くことができました。お客様からの熱い想いを受け取り、田中さんも綾部監督もとても嬉しそうな表情をされていたのが印象的でした。

この日の舞台挨拶では3回ともに共通して綾部監督は初めて田中さんとあった時のエピソードとして「体つき、筋肉をどうするのか、マッチョな体はこのままでいいのか、元ボクサーなので、多少たるんでいたほうが良いのかを最初に聞かれた」と話していました。

3回目の大阪・心斎橋シネマートでは、田中さんがその理由について「撮影まで期間がないので、もし(綾部監督から)絞ってくれと言われたら目の前のコーヒーに砂糖を入れるかどうかが変わるなと思っていた」と当時の気持ちを話し、監督の要望にきっちり答えるための田中さんのプロ意識からの質問だったことを明かしました。そして今後についても、「もし体型に変化があったら、何か(の役)に向かっているんだなと思ってください。どんなに太っても、決して怠けているわけではないという目でみてください。」とお客様に強くアピールしていました。

スポンサーリンク

『ゼニガタ』と『恋のクレイジーロード』が2本立て!で観られる

映画『ゼニガタ』は8月18日から1週間限定で名古屋駅西のシネマスコーレで上映されますが、なんと『恋のクレイジーロード』と2本立てでの上映となります。『恋のクレイジーロード』はシネマスコーレの副支配人である坪井篤史さんがプロデューサーを務めていて、田中俊介さん主演、白石晃士監督の短編作品です。田中俊介さん演じる『ゼニガタ』の剣持八雲と『恋のクレイジーロード』のチューヤが続けて観られるのはここだけですよ!!

シネマスコーレ 8/18~8/24

上映スケジュールと上映時間

8月18日(土) 13:40~

8月19日(日)-21日(火)、23日(木)-24日(金) 19:50~

8月22日(水) 13:40~ 19:50~

Address:名古屋市中村区椿町8-12 アートビル1階

Tel:052-452-6036

Map:

名古屋市中村区椿町8-12
スポンサーリンク

作品概要

『ゼニガタ』

出演:大谷 亮平 小林且弥 佐津川愛美 田中俊介 玉城裕規 岩谷健司 松浦祐也 八木アリサ えんどぅ 土田拓海 吉原雅斗 安達祐実 升毅 渋川清彦

監督:綾部真弥
製作:永森裕二 坂本敏明 大石菊弘
企画・脚本:永森裕二
プロデューサー:岩淵規 小河原修
撮影:伊藤麻樹
照明:尾下栄治
録音:飴田秀彦
音楽:仙波雄基
美術:中谷暢宏
小道具:大島政幸
ガンエフェクト:遊佐和寿
衣装:高橋さやか
ヘアメイク:遠藤一明
制作担当:板井茂樹
助監督:湯本信一
編集:岩切裕一
劇中イラスト:青木伸一
主題歌:『Volcano』TSUKEMEN(キングレコード)
制作協力:ディープサイド
制作プロダクション:メディアンド
企画:AMGエンタテインメント
配給:AMGエンタテインメント スターキャット

公式HP:http://zenigata-movie.com/

ⓒ 2018「ゼニガタ」製作委員会

スポンサーリンク

ボイメン田中俊介さん主演の日韓合作映画『デッドエンドの思い出』特別試写会をあいち国際女性映画祭で開催!

「HiGH&LOW」初参戦のボイメン水野勝さんと田中俊介さん登壇の初日舞台挨拶レポート

映画『ダブルミンツ』凱旋舞台挨拶レポート

スポンサーリンク
関連記事