toggle
2020-12-02

映画『佐々木、イン、マイマイン』名古屋センチュリーシネマ舞台挨拶に細川岳さん、萩原みのりさん、森優作さん、内山拓也監督が登壇


 

11月27日に全国公開された映画『佐々木、イン、マイマイン』はドラマ「監察医 朝顔」に出演中の藤原季節さん主演、初監督作品「ヴァニタス」がPFFアワード2016観客賞を受賞し、「King Gnu」や平井堅のミュージックビデオを手がける内山拓也監督による青春映画です。主人公の高校時代の同級生“佐々木”とその仲間達との過去と現在を通して観る人すべての心の中にいるヒーローを蘇らせ、青春時代特有のきらめきといとおしくも戻らない日々の哀愁をストレートに描き、明日に向かって1歩を踏み出したくなるような力強さを感じる作品です。

公開3日目にセンチュリーシネマで行われた公開記念舞台挨拶に“佐々木”役の細川岳さん、主人公の元恋人役の萩原みのりさん、同級生役の森優作さん、内山拓也監督が登壇しました。名古屋出身の萩原さんが名古屋でスカウトされた時の思い出を語り、作品の魅力や撮影中の様子などを和気あいあいと話しました。(取材日:2020年11月29日)

“佐々木”役の細川岳さん「あいつを超えなければいけないという強い覚悟」

映画『佐々木、イン、マイマイン』は藤原季節さん演じる27歳の主人公・悠二が高校の同級生と再会したことをきかっけに青春時代の中心にいた“佐々木”との日々を思い起こし、彼との再会を経て思いもよらない結末を迎えながらも一歩踏み出して行く物語です。

公開3日目を迎えた名古屋のセンチュリーシネマでの映画上映後、佐々木役の細川岳さん、名古屋出身の萩原みのりさん、森優作さん、内山拓也監督が舞台挨拶に登壇しました。細川さんは「パワーと魅力に溢れた、自分を鼓舞する存在の高校時代のヒーローが“佐々木“のモデルで、彼とのエピソードを映画にできないかと4年前あたりに内山監督に持ちかけたことがプロジェクトの始まりでした」と話しました。本作は細川さんの高校時代の同級生との強烈なエピソードが原案となっています。細川さんが役者としてもがいていた時期でもあり、鼓舞させられた人物を細川さん自身が演じるため「あいつを超えなければいけないという強い覚悟をもって演じました」と語りました。

名古屋出身の萩原みのりさんは完成した映画を観た時に、名古屋でスカウトされた場所に行くことを決めていたそうで「あのスタートの場所に行きたいと思って、しばらくそこに立っていました」と話し、ナナちゃん人形の下でスカウトされたことを教えてくれました。コロナ渦の中、なかなか名古屋に帰ってこられていないそうで「名古屋駅に着いた瞬間に泣きそうでした」と胸の内を吐露しました。このエピソードに細川さんは「めっちゃいい話」と感激した様子で、萩原さんは「(映画の中の)言葉も表情も魅力的すぎて、いっぱい残っています。(出演者の)みんなの顔や映画のシーンを思い出すと、頑張れる気がする、一歩踏み出せる気がする作品です」と本作の魅力を伝えました。

萩原さんと細川さんは、あるオーディションで顔見知りになってから互いをリスペクトする間柄だったそうで、今回の配役は細川さんが萩原さんを内山監督と引き合わせて実現したそうです。

男子校時代の思い出も語る宮沢氷魚さん 映画『his』藤原季節さんと共に名古屋でインタビュー

藤原季節さんが細川岳さんの〇〇を拒否!?

細川さんは藤原季節さんのほとんど全てシーンの撮影に行っていると話しながら、藤原さんから萩原さんと2人でのシーンについて「俺とみのりちゃんは大丈夫だから信じてくれ。2人で作っているから来ないでくれ」と言われたことを明かしました。萩原さんは高校時代の同級生4人での自転車爆走シーンに団結力を感じたそうで「私といる時の悠二とは違う、私の知らない部分の世界でした」と藤原さんの演じ分けを絶賛していました。高校時代の4人で放課後にバッティングセンターに行く様子や佐々木の家で集まる姿はとても自然で、自身の高校時代を見ているような錯覚に陥る人もいるのではないでしょうか。野球部だった森優作さんが撮影本番になるとバッティングが上手くできなくなるエピソードを皆で話すと、撮影中の暖かな雰囲気が伝わってきました。

内山監督は「King Gnuのライブだったり、食事だったり、遊びだったり、何でもない時間を半年から1年くらいみんなで過ごしました」と撮影の前からチームで過ごす時間を大切にしてきたそうです。また内山監督がミュージックビデオを担当したKing Gnuの井口理さんも自らオーディションを受けて本作に出演しています。

舞台挨拶の最後に内山監督は「今日、僕らに会ってくれた皆さま、ありがとうございます」と感謝を述べ「この作品で自分の人生を変えようと思って臨みました。今の世の中を本気で打ち破ろうとしています」と力強くメッセージを伝え、その熱い気持ちが会場いっぱいに広がりました。監督も出演者もほとんどが20代というフレッシュな才能が熱を持って作り上げた作品から感じるものがあるはずです。どんな状況でも、新たな一歩を踏み出したいそんな気持ちにさせる映画『佐々木、イン、マイマイン』沸き上がる佐々木コールをお楽しみください。

「手羽先の味が忘れられない」映画『純平、考え直せ』名古屋舞台挨拶に野村周平さん、柳ゆり菜さん、森岡利行監督が登壇

作品概略

映画『佐々木、イン、マイマイン』

2020 年 11 月 27 日(金)よりセンチュリーシネマほか全国公開

出演:藤原 季節 細川 岳 萩原 みのり 遊屋 慎太郎 森 優作 小西 桜子 河合 優実 井口 理(King Gnu) 鈴木 卓爾 村上 虹郎

監督:内山 拓也

脚本:内山 拓也 細川 岳

配給:パルコ

https://sasaki-in-my-mind.com/


関連記事