toggle
2017-10-02

『アヤメくんののんびり肉食日誌』黒羽麻璃央さん、佐伯大地さん、尾関陸さんに単独インタビュー


10月7日(土)に公開となる映画『アヤメくんののんびり肉食日誌』の先行上映イベント・アエルムービーが名古屋市・中川区の中川コロナシネマワールドで行われ、イベント後に主演の黒羽麻璃央さん、佐伯大地さん、尾関陸さんにインタビューをすることができました。(取材日:2017年9月9日)

『アヤメくんののんびり肉食日誌』アエルムービーの様子はこちらで

『アヤメくんののんびり肉食日誌』アエルムービーに黒羽麻璃央さん、佐伯大地さん、尾関陸さん登場!

スポンサーリンク

名古屋でのアエルムービーの感想

名古屋での1回目のアエルムービーが終わったすぐ後のインタビューだったのでアエルムービーの感想を聞いたところ、黒羽さんは「ファンイベントとは違って、映画を観終えた直後のお客さんに会えるのが嬉しい」と話し、佐伯さんは「映画館が好きなので、この場所でイベントができたことが良かった」とイベントの感想を教えてくれました。

イベントを取材していて気になったハイタッチ会というよりハイ握手会になっていた理由を佐伯さんに聞いたところ「(せっかく来てくれたのに)物足りないかなという気持ち」から握りがちになっていたそうです。実は他の会場では、佐伯さんがお客さんと最後にハイタッチをする並び順だったため「好き勝手やっていた」そうで、お客さんの手をギュッと握っていたそうなのです。しかし今回の名古屋では3人の並び順が変わり、1人目が佐伯さん、続いて黒羽さん、尾関さんになっていたため、佐伯さんのハイ握手を受けたお客さんは黒羽さんにもハイ握手を求める感じになり、ハイ握手がスタンダードになっていたようです。この日、3人とハイ握手をすることができたのは、佐伯さんのおかげだったんですね。

初名古屋の佐伯さんと名古屋メシ通の黒羽さん

イベント中に佐伯さんが名古屋に初めて来たと話されていたので、食べてみたい名古屋メシについて聞いてみるとうなぎが好きなのでひつまぶしと答えてくれました。この日のお昼はお弁当で名古屋感はゼロ、しかも夜に大阪に移動することになっていたため、名古屋メシは次回以降のお楽しみということに。「名古屋は美味しいもの多いですよ」と言う黒羽さんから矢場とんや味仙などの名前があがり「味仙に前回行きました」と教えてくれました。尾関さんは「ヤバトン?」と正しいイントネーションがわからなかった様子だったので、矢場町という場所があり“矢場のとんかつ”が由来であることを伝えておきました。ぜひまた名古屋に来て、名古屋メシを楽しんでほしいですね!

スポンサーリンク

研究してみたいことは?

『アヤメくんののんびり肉食日誌』は大学の研究室が舞台なので、もし大学に入ったら研究してみたいことを聞いてみると、黒羽さんは「体育教師になりたかった。ダンスは苦手だけど、球技とかは得意。スポーツとか心理学に興味があったので、スポーツ心理学をやってみたかった。」と教えてくれました。佐伯さんは立教大学現代心理学部在学中に実際に心理学を勉強されていて、「心理学は本を読んだり論文を書いたりするので、研究っぽいことはそんなにしなかった。心理学は人の考えていること、人の心は普遍的なものでわからないものだということを勉強することなので、恋愛に有利ということはない」など、佐伯先生によるプチ心理学講座を黒羽さん、尾関さんが聞き入るという時間になりました。尾関さんは「心理学にも興味はあるが、鳥に興味がある。空を飛びたい願望がある」と話すと佐伯さんから「鳥っぽいもんね」とすかさず突っ込まれていました。心理学の話題から女性の気持ちがわからないことに話が及ぶと「女性の気持ちがわからないというのは当たり前、(男と女は)魚と鳥くらいの差がある」と佐伯先生からの名言も飛び出しました。

女の子の気になるところ

主演女優の足立梨花さんの美脚の話題から女性の好きなところについて質問をしてみたところ、黒羽さんは「足首、アキレス腱」と即答してくれました。「(足首の後ろのスジを)噛みたい」と発言すると佐伯さんが「いいよ噛んで」と足首を差し出すノリを見せましたが「いやいや毛が!!」と仲の良い雰囲気が伝わってきました。佐伯さんは女性の曲線が好きとセクシーなお答えをいただき、尾関さんが「笑顔です」と答えると、黒羽さんと佐伯さんから「うわーーーずるいっ、それなし!」とNGが出て、「指が好き」と言い直していました。

〇っぱいクイズに挑戦!

インタビューの最後に『アヤメくんののんびり肉食日誌』に登場するアヤメくんの台詞「おっぱい…触らせてもらっていいですか」にちなんだ日本語クイズを黒羽さん、佐伯さん、尾関さんの3人に出題してみました。

問題用紙はこちらで「〇の中に入るひらがな1文字を30秒以内にできるだけたくさん書いてください」というもの。

3人とも頭を抱えながら必死になって思いつく限りの平仮名を書いてくれました。結果は、黒羽さんが「す、しょ、お、い」、尾関さんも「す、お、い、しょ」と答えて4ポイントずつ。(実は、「しょ」を1文字とカウントするのかどうか議論になりました。)そして佐伯さんが「お、す、い、し、しょ」の5ポイントをゲットされ、見事に優勝となりました。もう一つあった正解が「て」だったのですが、3人とも思いつくことができず、「全部出たらかっこよかったのにね。」と悔しがっている様子が印象的でした。事前の予想通り、3人とも「(お)っぱい」はかなり早い段階で書いていましたよ。

スポンサーリンク

作品情報

『アヤメくんののんびり肉食日誌』

10月7日(土)より中川コロナシネマワールドほかにて公開

月刊「FEEL YOUNG」で絶賛連載中の町麻衣さんによる同名人気コミックが実写映画化。大学の生物学科の研究室を舞台にしたラブコメディで、帰国子女で恐竜マニアの無垢な男の子アヤメくんと骨マニアの椿先輩との恋が描かれています。

出演:黒羽麻璃央、足立梨花、佐伯大地、瑛茉ジャスミン、尾関陸、永田崇人、唯月ふうか、GENKING、酒井敏也、鶴見辰吾

原作:町麻衣 『アヤメくんののんびり肉食日誌』/祥伝社フィールコミックス

主題歌:edda「ディストランス」

監督:芝﨑弘記

脚本:阿相クミコ

協力:シュークリーム / 福井県立恐竜博物館

公式サイト:www.ayamekun-movie.com

関連記事