toggle
2021-01-25

映画『おもいで写眞』公開記念 名古屋の老舗写真室が映画さながらにあなたの“おもいで写眞”を撮影します!


 

1月29日に公開となる映画『おもいで写眞』は愛知県名古屋市出身の映画監督、熊澤尚人さんによるオリジナルストーリーで、主人公が東京でメイクアップアーティストの夢に破れながらも、故郷の富山で“遺影写真”の撮影という新たな仕事に出会い成長していく物語です。『愛がなんだ』『空母いぶき』『水曜日が消えた』など、話題作への出演が続く深川麻衣さんが主演で、高良健吾さん、香里奈さん、井浦新さん、古谷一行さん、吉行和子さんらが出演しています。

劇中では、主人公がお年寄りの方々に「遺影写真の撮影」ではなく「素敵な思い出のある場所で写真をとります」と持ちかけて撮影をしていく様子が描かれていて、“おもいで写眞”がきっかけでお年寄り同士の交流が生まれたり、忘れていた思い出と再会することで、お年寄りが笑顔やパワーを取り戻す姿からはたくさんの希望と感動を与えてもらえます。

作品の内容や劇中の“おもいで写眞”の取り組みに感銘を受けた名古屋の老舗写真室「天野写真室」が名古屋の映画情報サイトCine@nagoya(シネアナゴヤ)と共同で、東海エリア在住の65歳以上の希望者1名の方の“おもいで写眞”を撮影する企画を行うことが決定しました!「天野写真室」は昭和21年に開業。広小路本町の中村百貨店内に開設、その後にオリエンタル中村から名古屋三越栄店となり(現在は、5F 名古屋三越写真室として)写真館営業を続けています。

名古屋の映画情報サイトCine@nagoya(シネアナゴヤ)では「天野写真室」による“おもいで写眞”の撮影を希望される方を募集します。

深川麻衣さん「ずっとバットを構えていました!」映画『空母いぶき』西島秀俊さんと一緒に名古屋でインタビュー

名古屋の老舗写真館「天野写真室」による“おもいで写眞”撮影希望者募集

映画『おもいで写眞』が1月29日から公開されることを記念して、名古屋の老舗写真館「天野写真室」が東海エリア在住の65歳以上の希望者を募り、1名の方の“おもいで写眞”を撮影します。

「あなたの素敵な思い出のある場所で写真を撮ります」映画さながらに、当選者の希望をお聞きして、撮影を行います。“おもいで写眞”の撮影を希望される方は、以下の募集要項をご確認の上でご応募ください。

映画の鑑賞は応募の条件ではありませんが、映画をご覧になると写真を撮って欲しい場所や素敵な思い出のイメージが膨らむと思います。劇中のお年寄りは、若い頃の仕事場や現在の趣味、大切な人との思い出の場所で素敵な写真を撮影してもらっています

映画『おもいで写眞』は1月29日(金)よりこちらの映画館で上映

≪名古屋“おもいで写眞”プロジェクト応募要項≫

応募期間:2021年1月25日(月)~2月22日(月)

対  象: 65歳以上・性別問わず、素敵な思い出をお持ちの方で、撮影を楽しんでいただける方!撮影対象者のご了解が得られていれば、ご家族やご友人による応募もOKです。

賞品内容:希望場所でプロカメラマン天野雅也による撮影、八つ切り写真(台紙入り)1枚、撮影データ5カット(名古屋三越写真室で完成写真とデータの受け渡し予定)

撮影可能エリア: 名古屋から日帰り可能な場所

撮影時期:2021年3月~5月の平日予定

※詳細の撮影日程は当選者の方と相談の上で決定します。社会情勢により撮影時期が変更になる可能性があります。

申込方法: 下記フォームより、必要情報入力し送信してください。

https://form.run/@nagoyaomoide

※申し込みについての注意事項

・事務局内で応募内容を確認し企画趣旨に最もふさわしい方を当選者として決定します。

・当選者の方へは、3月1日(月)までにメールにてご連絡いたします。

・当選された方は当選メールの後ヒアリングのご連絡をいたします。

・撮影場所について申請や交渉が必要な場合、ご自身で許可をお取りいただく必要がございます。

・撮影場所までの移動はご自身でお願いします。

・メーキャップ、衣装、小物はご自身でご用意ください。

・撮影時間は30分程度を予定しています。

・撮影の様子をメディア等で紹介させていただく可能性があります。

作品概要

映画『おもいで写眞』

2021年1月29日(金)よりミッドランドスクエアシネマほかで公開

監督:熊澤尚人

脚本:熊澤尚人、まなべゆきこ

出演:深川麻衣、高良健吾、香里奈、井浦新、古谷一行、吉行和子

原作:『おもいで写眞』熊澤尚人(幻冬舎文庫)

<あらすじ>
東京でメイクアップアーティストを志す音更結子は、メイクの仕事をしながら美容部員として働いていたが、嘘が嫌いで頑固な性格が災いし、仕事をクビになってしまう。そんな結子に追い打ちをかけるように、大切な祖母が亡くなったと知らせが――。
幼いころ、自分を捨てた母の代わりに自分を育ててくれた祖母を、ひとり寂しく死なせてしまった後悔に苛まれる結子。夢も大切な人も失った結子は、故郷へ戻ることを決める。

ある日結子は、幼なじみで役所に勤める星野一郎から、老人向けに「遺影」撮影の仕事をしてみないかと誘われる。写真館を営んでいた祖母の遺影がピンボケ写真だったことを悔やんでいた結子は、その仕事を引き受ける。最初は、縁起が悪いと敬遠され、なかなか老人たちに受け入れられない結子だが、一人暮らしの老人・山岸和子との出会いをきっかけに、「遺影」撮影ではなく、それぞれの思い出溢れる場所で写真を撮る「おもいで写真」を撮り始める。
結子は老人達とふれあう中で、次第に赦しの意味を知り、人生の意味を見いだしていく。

©「おもいで写眞」製作委員会


関連記事