toggle
2018-05-02

【5/23】イオンシネマ常滑で高杉真宙さん登壇・映画『世界でいちばん長い写真』完成披露上映会


 

6月23日に公開予定の映画『世界でいちばん長い写真』はベストセラー作家・誉田哲也さんによる実話をもとにした青春小説が原作です。360度回転パノラマカメラを題材に愛知県の高校で実際にあった出来事を基にしており、高杉真宙さんが主人公の高校生を演じています。

映画の撮影は昨年の夏に知多半島オールロケで行われました。映画公開の1か月前となる5月23日に知多半島のイオンシネマ常滑で高杉真宙さん、武田梨奈さん、水野 勝さん、草野翔吾監督が登壇する完成披露上映会イベントの開催が決定しました!

イオンシネマ常滑は昨年7月に映画の制作発表会見が行われた場所でもあります。イベントの詳細や5月9日からのチケットの販売方法をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『世界でいちばん長い写真』は原作舞台も撮影も愛知県の知多半島

映画『世界でいちばん長い写真』はベストセラー作家・誉田哲也さんの青春小説が原作です。愛知県の高校で実際にあった出来事が基になっていて、高杉真宙さんが何事にも消極的な写真部の高校生・宏伸を演じています。

宏伸は360度回転パノラマカメラを手にし、撮影したい景色を探して街を自転車で駆け巡り、ひまわり畑に辿り着きます。宏伸の従妹・温子役で武田梨奈さん、写真部部長の三好奈々恵役で松本穂香さん、温子の旧友・智也役で水野勝さん(BOYS AND MEN)が出演しています。

昨年7月に行われた映画『世界でいちばん長い写真』の制作発表会見の様子

知多半島オールロケ映画『世界でいちばん長い写真』製作発表記者会見レポート

スポンサーリンク

イオンシネマ常滑 完成披露上映会イベント開催概要

開催日時:5月23日(水) 開場:18:45~/開演:19:00~

開催場所:イオンシネマ常滑(愛知県常滑市りんくう町2丁目20番3 イオンモール常滑)

愛知県常滑市りんくう町2丁目20番3

イベント内容:①出演者による舞台挨拶 ②本編先行上映

登壇者:高杉真宙、武田梨奈、水野 勝/草野翔吾監督

※登壇者は変更の可能性があります

料金:¥1,800(税込)
※特別興行につき、ムビチケ、各種前売券、各種招待券、各種割引サービス利用不可。

販売方法:イオンシネマオンラインチケットe席リザーブおよび劇場窓口で販売

イオンシネマオンラインチケットe席リザーブはコチラ

チケット販売開始日:

【e席リザーブ】5月9日(水)0:15~(※5月8日(火)24:15~)

【劇場窓口】5月9日(水)劇場オープンより ※残席がある場合のみ窓口販売

【ご参加の注意事項】
・特別興行につき、ムビチケ、各種前売券、各種招待券、各種割引サービスはご利用いただけません。
・いかなる事情が生じましても、ご購入、お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。
・転売目的でのご購入は、固くお断りいたします。
・登壇者および舞台挨拶は、都合により予告なく変更する場合がございます。
・場内でのカメラ(携帯カメラ含)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
・状況により、当日は荷物検査を行わせて頂く場合がございます。
・当日マスコミ取材が入る場合がございます。予めご了承下さい。

スポンサーリンク

作品情報

映画『世界でいちばん長い写真』

2018年6月23日 公開予定

目標もなく、冴えない毎日を送っている内気な主人公・宏伸はある日、リサイクルショップで世界一長いパノラマ写真が撮れる特別なカメラを見つけます。その日から宏伸のモノクロだった人生がだんだんと鮮やかな色に変わっていきます。個性豊かな登場人物たちが巻き起こす笑いと涙の物語です。

原作は誉田哲也さんの小説「世界でいちばん長い写真」で故山本新一さんが開発した360度回転パノラマカメラを題材に愛知県の高校で実際にあった出来事を基にしており、同カメラを用いて撮影した全長145メートルの写真は「世界一長い写真」としてギネス記録に認定されています。

原作:誉田哲也 「世界でいちばん長い写真」(光文社文庫刊)

監督・脚本:草野翔吾 (「にがくてあまい」、「からっぽ」他)

出演:高杉真宙、武田梨奈 松本穂香、水野勝、吉沢悠、小松政夫ほか

製作:映画「世界でいちばん長い写真」製作委員会

配給・宣伝:スターキャット/キャンター

http://sekachou.com/

ⓒ 2018 映画「世界でいちばん長い写真」製作委員会

スポンサーリンク
関連記事