toggle
2017-10-17

早くも2回目の開催決定!「爆音映画祭 in109シネマズ名古屋」開催概要と上映ラインナップは?


音にこだわった上映で「新しい映画の楽しみ方」を創出し、全国の映画ファンを唸らせている爆音映画祭は今年の初夏に名古屋に初上陸しました。爆音映画の魅力をもっと楽しみたい名古屋の映画ファンの皆さんに朗報です。
なんと「爆音映画祭in 109シネマズ名古屋」が2017年11月10日(金)~11月12日(日)までの3日間で開催されることが発表となりました。気になる開催概要や上映される作品のラインナップを紹介します。

スポンサーリンク

前回の大反響を受けて、2回目の開催決定!

映画館にライブ・コンサート向けの大規模かつ高品質な音響機器をセッティングして作品の持つ“音”の世界や可能性を極限まで探求し、高品質な“音”を大音量で表現する映画祭「爆音映画祭」は2017年6月30日(金)~7月2日(日)の日程で名古屋で初めて開催されました。

第一回 爆音映画祭in 109シネマズ名古屋 のレポートはこちら

爆音映画祭 in 109シネマズ名古屋 初日レポート

初開催となった「爆音映画祭in 109シネマズ名古屋」の反響は大きく、参加された方からの圧倒的な支持もあり、第二回の開催が決定しました。
レポートで懸念事項となっていた音漏れのチェックもクリアとなったんですね!爆音映画祭が各地で行われているのを横目に見て、ぜひまた名古屋でもやって欲しいと思っていたので、これは本当に嬉しいニュースです!

ラインナップは映画ファン垂涎の8作品

映画愛に溢れ、繊細かつ アーティスティックなプロデュースで定評のある株式会社boid代表の樋口泰人さんが、これぞ“爆音”で堪能してほしいと考える8本の名作を、新作・旧作織り交ぜ選出し、作品それぞれに適した音響調整を施します。
公開から間もない話題の作品や今回が初の爆音上映となる傑作、爆音映画祭常連の作品など、どれも爆音で観るのが楽しみな作品ばかりです。

“爆音映画祭 in 109シネマズ名古屋”上映作品

<全8作品(予定)>
※詳細は公式サイトにて

『ベイビー・ドライバー』

2017年8月19日に公開され、今年を代表する大ヒット作となりました。犯罪組織の逃がし屋として活躍する主人公のベイビーがある女性と恋をしたことをきっかけに裏社会の仕事を辞めることを決めますが、ベイビーを手放したくない組織のボスから脅されることになります。主人公が魅せる華麗なドライビングテクニックとアクションをクールなサウンドとともに楽しめる作品です。

『ベイビー・ドライバー』

『プロジェクトA インターナショナル版』【初爆音上映】

ジャッキー・チェン初の爆音上映。ジャッキー・チェン×サモ・ハン・キンポー×ユン・ピョウの香港の三大スターが集結した伝説のアクション映画です。1983年公開の映画でアクションだけでなくコメディ要素もたっぷりとあり、何度でも観たくなるジャッキー映画の傑作です。

『プロジェクトA インターナショナル版』©2010 Fortune Star Media Limited. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

『ドント・ブリーズ』【初爆音上映】[PG12指定]

2016年に公開された全米が震撼したショッキング・スリラー。強盗を目的に盲目の男性の屋敷に入ったが、家主の男は超人的な聴覚を持ち侵入者に襲い掛かる人物。タイトルの通り、息を殺して家から脱出できるのか緊張感の続くスリラーは爆音映画にピッタリです。

『ドント・ブリーズ』©2016 CTMG. All Rights Reserved.

 

『キングスマン』[R15+指定]

前回の名古屋での爆音映画祭で満席回が続出し、再上映が決定しました。今回は一部上映回にてコスプレ、発声、ペンライトの持ち込みも可能な“爆音応援上映”を実施するそうです。

主人公の不良少年がブリティッシュスーツを着こなす紳士と出会い極秘任務を遂行するエリートスパイ組織に協力することになる痛快すぎるスパイアクション映画。2018年1月公開の続編にも大きな期待が集まっている作品です

『キングスマン』©2015 Twentieth Century Fox Film Corporation

『ゼロ・グラビティ』

事故によって宇宙空間に放り出され、スペースシャトルも大破してしまった宇宙飛行士と科学者が繰り広げる決死のサバイバルを描いた作品で、主人公たちが彷徨う無音の宇宙を“爆音”で観るとどうなるのかが楽しみです。

『ゼロ・グラビティ』©2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

『デッドプール』[R15+指定]

マーベルコミックスの破天荒ヒーローが主人公の作品を実写化したアクション映画(2016年公開)です。人体改造により人並み外れた治癒能力と不死身の体を手にした毒舌・自己中のアンチヒーローが暴れまくります。

『デッドプール』©2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

『キック・アス』 [R15+指定]

コミックオタクの平凡な高校生がネットで買ったスーツとマスクを身につけて“キック・アス”と名乗り、街のトラブルを解決しようとします。超絶アクションを繰り広げる美少女と一緒に悪と戦う姿を描く痛快アクション映画で、2010年に公開され大ヒットを記録しました。

『キック・アス』 ©2009 KA Films LP. All Rights Reserved.

『この世界の片隅に』

2016年11月の公開以来、全国でロングラン上映が続いているアニメーション映画。戦時中の広島・呉に生きた人々の暮らしを描いた作品で、主人公のすずを通して当時の女性が過ごしていた生活を疑似体験できるような作品です。彼女の身に起きたあの出来事を爆音で体感するチャンスです。

『この世界の片隅に』©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

それぞれの作品やシーンにあわせて、迫力のあるシーンはよりダイナミックに、緊張感のあるシーンはよりきめ細やかになるように繊細に音量や音圧を調整していくことで、これまでには決して体験することのできなかった新たな感動を創造するのが爆音映画祭です。映画は“音”で、もっと楽しめる!ぜひ、名古屋で爆音体験をしてみてください!

爆音映画祭in 109シネマズ名古屋 開催概要

タイトル:爆音映画祭 in 109シネマズ名古屋
会  場:109シネマズ名古屋
Adress :愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60-14 マーケットスクエアささしま2F
TEL : 0570-052-109
Map         :

名古屋市中村区平池町4丁目60-14

期  間:2017年11月10日(金)、11日(土)、12日(日)

内  容:最新作「ベイビー・ドライバー」を含む、8本の名作を一挙爆音上映
※詳細は公式サイトにて

料  金:各作品によって異なります。

※詳細は公式サイトにて

チケット発売:10月24日(火) 0:00~109シネマズ名古屋 WEB販売
10月24日(火)劇場営業開始時間~109シネマズ名古屋 劇場窓口販売
(但し各回、残席がある場合のみ)
※チケット購入の詳細は公式サイトにて

企  画:株式会社東急レクリエーション、株式会社ローソンHMVエンタテイメント
特別協力:株式会社boid

スポンサーリンク

関連記事