「北原さんからは、脱ぎも辞さない覚悟を感じた」映画『サニー/32』主演の北原里英さんと白石監督に名古屋でインタビュー

2月17日に公開となった映画『サニー/32』で主演をつとめたNGT48のキャプテンである北原里英さんと白石和彌監督が名古屋でインタビューに応じてくれました。映画『サニー/32』は北原さん演じる主人公の中学教師・藤井赤理が24歳の誕生日に「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」と呼ばれた少女・サニーの狂信的信者に誘拐され、監禁される模様を描いたオリジナルの物語です。

“北原さん主演の映画”という企画の話が秋元康さんから日活を通じて白石監督に届き、白石監督は脚本家の髙橋泉さんと一緒に秋元さんに会いに行かれたそうです。秋元さんから企画のヒントを色々と貰ったようですが、白石監督は「話を聞いていると、どうやら『好きにやっていいよ』という風に聞こえ、『凶悪』を観てオファーをしてくれたので、通り一遍の映画でなくてよいのかなと思いました。」と当時の感想を教えてくれました。

脚本の段階でも特に修正や変更を求められることはなかったそうで、白石監督は「(秋元さんから)『何なら北原、脱ぐくらいの覚悟は持ってると思うよ』みたいな話も出ていました。周りの事務所の人があたふたしていましたが、それは本人に聞いてみないとみたいな(感じで)、でも多分、北原さんお願いしたら脱いでくれていたのではないかなと思うくらい、この作品に対する覚悟を感じました。」と秋元さんと白石監督の間で行われたやり取りを話しました。