「未来の子供たちに平和な日常を残す」映画『空母いぶき』西島秀俊さん、深川麻衣さん、若松節朗監督、小滝祥平プロデューサーに名古屋でインタビュー

5月24日から公開となる映画『空母いぶき』は、「沈黙の艦隊」「ジパング」などで知られる巨匠・かわぐちかいじさんの同名コミック(現在も「ビッグコミック」誌で連載中)を西島秀俊さん、佐々木蔵之介さんをはじめ日本映画界を代表する俳優陣が集結し実写映画化したエンタテイメント大作です。映画化にあたり、オリジナルの設定と展開も加え、日本がかつてない危機にさらされた緊迫の24時間を描いています。監督は『ホワイトアウト』(00)『沈まぬ太陽』(09)『柘榴坂の仇討』(14)など骨太な人間ドラマで知られる若松節朗さんです。若松監督と小滝祥平プレデューサー、そしてキャスト陣から主人公・秋津竜太役の西島秀俊さん、コンビニアルバイト・森山しおり役の深川麻衣さんに名古屋でインタビューし、映画に込めたメッセージや見どころを教えてもらいました。