「電撃引退はやめてくださいね(笑)」映画『愛がなんだ』岸井ゆきのさん、今泉力哉監督 名古屋での公開初日舞台挨拶&インタビュー

4月19日から全国で公開中の映画『愛がなんだ』は、角田光代さんの同名小説を映画化したラブストーリー。一目惚れしたマモルに一方通行の愛を捧げる28歳のOLテルコと、2人を取り巻く人々の姿が描かれています。テルコを演じたのはNHK連続テレビ小説「まんぷく」で“タカちゃん”こと香田タカを演じた岸井ゆきのさん。テルコが盲目的に愛するマモルを出演作が途切れない人気俳優の成田凌さんが演じました。監督は“正解のない恋”を模索し続けてきた、恋愛映画の旗手・今泉力哉さんです。永遠に埋まることのない男女の距離感を、様々な片思いにもがく5人の登場人物の視点から描きだしています。
映画の公開初日、同日に移転しグランドオープンした名古屋の伏見ミリオン座で公開記念の舞台挨拶が上映前に行われ、岸井ゆきのさんと今泉力哉監督が登壇しました。また、舞台挨拶後にはおふたりにインタビューをすることができ、岸井さんのテルコへの想いや話題になっている成田凌さんの“追いケチャップ”や岸井さんと成田さんの対面シャンプーシーンの誕生秘話を聞くことができました。舞台挨拶のレポートと合わせてご紹介します。