三重県・伊勢志摩が舞台の映画『半世界』阪本順治監督&主演の稲垣吾郎さんに名古屋でインタビュー

2月15日に公開となる映画『半世界』は、三重県・伊勢志摩を舞台に39歳という「人生の折り返し地点に差しかかった主人公たちが、どこへ折り返していくのか」をテーマにした物語です。誰もが通るある地点の葛藤と、家族や友人との絆、そして新たな希望を描く、笑って泣ける『愛』がいっぱいの映画です。
オリジナル脚本を手掛けた阪本順治監督と、無精髭に煤だらけの姿で黙々と仕事をこなす炭焼き職人を演じた稲垣吾郎さんに名古屋でインタビューし、三重県・南伊勢町で敢行されたオールロケのエピソードを交えながら、作品の見どころを語ってもらいました。
映画『半世界』は、阪本監督が長く温めていた企画で完全オリジナル作品です。三重県・伊勢志摩を舞台に「諦めるには早すぎて、焦るには遅すぎる<39歳>という年齢の男三人の友情物語を軸に、主人公・紘(コウ)と父親、紘と息子、紘と妻など複数のエピソードを交えながら描かれています。
なぜ<39歳>という年齢にスポットを当てたのか、阪本監督に聞いたところ、「自分が30歳で監督デビューし、初めのうちは甘やかされていましたが、40歳でプロとして更に認知されなきゃいけない、何か違った自分を見たいと思った時に、30代後半から準備することが必要でした。だから、39歳は自分にとってのターニングポイントでした」と、監督自身が人生の転機を迎えていた年齢だったこと、それが今回の企画に繋がっていることを教えてくれました。「思春期の思い出や、今置かれている状況を一度作品に出してみよう」そんな思いを込めて書かれたストーリーに登場する主人公・紘には、監督自身の思い出や自分の父親との関係が影響していることも教えてくれました。
そして、そんな主人公・紘を演じた稲垣吾郎さんは今作で深慮もなく父親の炭焼き窯を継ぎ、備長炭を製炭し生計を立てている「炭焼き職人」という特殊な役柄に挑戦しました。役作りについては、実際に撮影で使用した窯を貸してくれた炭焼き職人の森前栄一さんの指導のもと役作りに励んだことを話し、「窯から見える火や熱には圧倒されました。怖くも感じるし、美しくも感じるし、それが映画の中に収められたことが本当に良かったと思います」と映画の見どころを紹介してくれました。また、『炭焼き』という日本の伝統技術を目の当たりにして、「こういうものに僕たちは支えられているんですよね。もっと備長炭に注目してほしいし、生活にも取り入れてほしいです。もっと備長炭を広めていきたい」と話す稲垣さんの眼差しが、映画で見せた炭焼き職人・紘を思い出さてくれるようでした。
また、映画『半世界』で稲垣さんは、多感な年ごろの息子を持つ父親役という新たな一面を見せてくれます。「(父親役については)経験もないですし、分からないことでした。でも、あの家があって、池脇さん演じる初乃という奥さんがいて、子供がいて、スタッフの空気感もあって、そのおかげで演じることができました」と現場の雰囲気に助けられていたことを明かしました。
そして、お気に入りのシーンを聞くと港で息子役の杉田雷麟さんと毛布にくるまる場面を挙げました。「父親役というのは演技とか技術より気持ちのほうが大切だと思いました。そう映っているといいなぁ」と優しい表情で自身が演じた父親役を振り返っていました。
映画『半世界』は懐かしい日本の風景を思い出させてくれます。そのひとつとして妻の初乃が作る桜でんぶで書かれたメッセージ入りのお弁当からは夫婦のほほえましいコミュニケーションが垣間見えます。稲垣さんにお弁当に書いてあったら嬉しい桜でんぶメッセージを聞いたところ「相手にもよりますよね(笑)この間まで舞台でベートーベンの役をしていたんですけど、ファンの方がツイッターで『ベートー弁』を作ってくれていたのを見て癒されましたー」とほっこりエピソードも教えてくれました。