「素直に涙がこぼれた」大泉洋さん 映画『そらのレストラン』で実在するチーズ職人を演じる

1月25日に公開された映画『そらのレストラン』は大泉洋さんが主演した『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』に続く、雄大な自然が育む豊かな食と温かな人間ドラマを描いてきた北海道映画シリーズの第3弾です。
北海道で酪農業を営みながらチーズ作りの修行をする主人公を演じた大泉さんに名古屋でインタビューしました。北海道映画シリーズへの想いや“せたな町”の食、娘役の庄野凛ちゃんとのシーンについてなど様々なお話を聞かせてもらいました。
映画『そらのレストラン』は大泉さんが主演し北海道を舞台に食の豊かさと人の温かさを描いてきた「しあわせのパン」(2012年公開)、「ぶどうのなみだ」(2014年公開)に続く第3弾となる作品です。このシリーズについて大泉さんは「見せたい北海道の風景があって、見せたい北海道の食材があって、それを物語とあわせた映画という形で届けている作品なんです」と話し「どうしようもなく北海道を宣伝したい思いが強い人なもんですから、もうひとつ気合いれなければならないと思っていました」と北海道愛の強さと作品への思い入れを語りました。
北海道映画シリーズの前2作は三島有紀子さんが監督・脚本をつとめていましたが『そらのレストラン』は深川栄洋さんが監督をつとめています。現場の様子は大きく違いはなかったと話しながら「前2作とは違い、実際のエピソードが多いんです。モデルとなった“やまの会”のみなさんからいろいろお話も聞いているので、感情移入しやすかったです」と明かしました。「10年物のパルメザンチーズを食べる大切な場面で深川監督が心情を細やかに話してくれたので、素直に涙がこぼれました」と深川監督の演出のうまさを語ってくれました。
映画『そらのレストラン』で主人公の娘役を演じた庄野凛ちゃんについて聞くと「弱音を吐かずに健気に頑張るんです」と現場での様子を教えてくれました。また、凛ちゃんは映画の中で自転車に乗れるようになるシーンのために東京で自転車の練習をしてきたそうです。しかし撮影の期間が空いてしまって乗れなくなってしまい、可哀そうだったと振り返りながら「深川監督がエンドロール用に自転車に乗るシーンを作ってくれたんです。僕や本上さんは本当に喜んでいます。『おー!乗った乗った乗った!』はリアルな言葉なんです」と演技を超えたシーンであることを明かしました。素敵なシーンなので、エンドロールの最後までお見逃しなく!!