3人を繋いだ1枚のパンツ!?映画『ジャンクション29』BOYS AND MENの水野勝さん、田中俊介さん、本田剛文さんに名古屋でインタビュー

2019年2月22日から公開となる映画『ジャンクション29』はBOYS AND MENの水野勝さん、田中俊介さん、小林豊さん、本田剛文さんが主演を務めている“等身大の29歳”4人のエピソードを描くオムニバスストーリーです。水野さんは「結婚の条件」で結婚はビジネスだと割り切る結婚相談所の“カリスマ仲人”、田中さんは「ツチノコの夜」で親のすねをかじりながら映画を作る自主映画監督、「バズる」で本田さんはくだらない動画の投稿を続ける“バズチューバー”を演じ、小林さんは3人それぞれに絡む「もう1人の29歳」として出演しています。
「結婚の条件」「ツチノコの夜」「バズる」はテレビ愛知、ホームドラマチャンネルほかでドラマとして放送され、小林さんが出演する映画オリジナルエピソード「ジャンクション」を含む映画『ジャンクション29』の公開へと繋がります。それぞれが演じた役柄や現場での様子、29歳という年齢について、3人を繋いだ“ある衣装”のエピソードなどを語ってくれました。
映画『ジャンクション29』は水野さん、田中さん、小林さん、本田さん、それぞれが演じる“等身大の29歳”が登場します。水野さんの「結婚の条件」、田中さんの「ツチノコの夜」、本田さん「バズる」の3作品すべてに小林さん演じる「もう1人の29歳」が出演しています。小林さんとの共演について、3人は「必要最低限のコミュニケーションで行きました」「役のまま、いてくれたので見下しやすかったです」「いつもの小林よりはローに入れている感じでしたね」などとシリアスな役柄だった小林さんの様子を教えてくれました。
そして水野さんと田中さんが同じデザインの派手なパンツを履いていたことについて聞くと田中さんは「僕の方が水野より先の撮影だったんですけど、僕の現場の時に『このパンツを次の作品の水野くんに受け継がせたいんだよねー』って言ってて『それ面白いですね!』って、出来上がったら同じように履いていました」とデザインが同じどころか、まったく同じパンツが水野さんのもとに届いたことを明かしました。水野さんは「僕は田中が履いたやつを履いています。2番目です。温もりを感じました」と発言していました。そのパンツがその後どうなったのか聞くと、本田さんは「(僕のところには)小道具としてきました。(監督が)『履かせるシーンはねえなぁ』って悩んでました」と話していまいた。田中さん、水野さん、本田さんへと渡っていった“パンツ”にも注目してくださいね!
テレビ愛知・ホームドラマチャンネルにて 3 話を放送。放送日時は…