ジャニーズJr.の安井謙太郎さんが名古屋で「ひつまぶしの夢」を語る 映画『ニート・ニート・ニート』 名古屋舞台挨拶

11月23日に公開となった映画映画『ニート・ニート・ニート』の公開記念舞台挨拶が名古屋駅前のミッドランドスクエアシネマで行われました。映画上映後にジャニーズJr.の安井謙太郎さん、山本涼介さん、ジャニーズJr.の森田美勇人さん、灯敦生、宮野ケイジ監督が登場すると、大きな歓声と拍手が起こりました。
安井さんは「お忙しい中、ありがとうございます。」と挨拶し、司会者から「名古屋トークを!」と降られると「名古屋に来ると矢場とんのお弁当を食べることが多くて好きなんですけど、ひつまぶしが大好きなんです」と話し「本場のを食べてみたいけれど、なかなか食べられるチャンスがないんです」「ひつまぶし食べに名古屋に行こうぜ!っていうのが夢なんです」とひつまぶし愛を語ると、灯さんから「あんまりかっこよくない」とツッコミが入りました。
山本さんは「先月2回、名古屋に来てひつまぶし食べました。食感が東京で食べるのと全然違うので、カリッフワとして美味しかったです」と安井さんに紹介していました。また小学校の時の夢がプロ野球選手になることだったという森田さんは、この日の司会者であるナゴヤドームのスタジアムDJ長谷川巧さんに野球選手のように呼んでほしいとリクエストをし「1番、ショート、森田美勇人!!」と呼ばれると興奮した様子をみせ「後で録音させてください」とお願いしていました。
映画初主演であったことを聞かれた安井さんは「主演という気負いはあまりなく、キャンペーンの時に挨拶が最初だったりすることで主演だということを意識しました」と答えました。舞台挨拶登壇前にポスターにサインを書く際にかなり緊張していたそうで「僕、字がね、下手じゃないですよ、味がある、癖があるというか。安井くんって字がキレイだねって思われたいので、ゴーストライター頼もうかと思いました」と恥ずかしそうに話していました。
森田さんは「(安井さんが)サインは書くからメッセージは書いてと頼んできたけど、主演なんだから、書けよ!!」と断ったようです。安井さんは「後生の願いだ!」と食い下がり、その時の気持ちを安井さんは「できれば逃げたいなと思ったんですが、大人5人くらいに囲まれて」とかなり頑張って書いたそうです。
その場に木村拓哉さんのメッセージが書かれたポスターがあり、「木村さんは字まで、スターなんですよ。字に覇気があるんです」と大先輩ようには字が書けないことを明かしていました。