映画『ギャングース』プレスシートをプレゼント 高杉真宙さん、加藤諒さん、渡辺大知さんによるアウトロー青春エンターテインメント

11月23日に公開となる映画『ギャングース』は高杉真宙さん、加藤諒さん、渡辺大知さん(黒猫チェルシー)がトリプル主演し、少年院で共に過ごした3人が犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す“タタキ”稼業を始め、底辺から這い上がろうとするアウトローたちによる青春エンターテインメント作品です。
映画の公開を記念して、名古屋の映画情報サイトCine@nagoya(シネアナゴヤ)から映画『ギャングース』のプレスシート(非売品)をプレゼントします。
映画『ギャングース』の原作は肥谷圭介さんによる雑誌「モーニング」の同名人気漫画ですが、ルポライターの鈴木大介さんによるノンフィクション書籍『家のない少年たち』が漫画の原案であるため、裏社会の実態がとてもリアルに描かれています。高杉真宙さん、加藤諒さん、渡辺大知さん(黒猫チェルシー)が少年院出身の3人組を演じ、生き抜いていくための手段として、犯罪者だけをターゲットにした窃盗・強盗稼業、通称「タタキ」に手を染めていくというという物語です。
『22年目の告白私が殺人犯です』『ビジランテ』の入江悠監督によって実写映画化された本作では主人公たちが「タタキ」の標的を調査をする過程で、オレオレ詐欺の手順や段取り、役割分担などが描かれているほか、ストーリーが進むにつれて詐欺組織の全貌や様々な闇ビジネスの様相、それを束ねる半グレ組織のトップの存在など、アングラな世界を覗き見ている感覚になります。
半グレ組織のトップに世界的な活躍で知られるギタリストMIYAVIさん、詐欺組織の番頭役に金子ノブアキさん(RIZE)、その恋人に篠田麻里子さんなど、迫力のあるキャスト陣も魅力です。不遇な家庭環境で育った3人が底辺の生活から抜け出すために挑む「タタキ」はどうなるのか、3人の間に芽生えた絆や家族への想いと合わせて楽しめる作品です。