映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』初共演の波瑠さんと西島秀俊さんに名古屋でインタビュー

10月26日に公開となる映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』は熊本県に実際にあるグリーンランドという遊園地を舞台にしたお仕事ムービーで、あこがれの会社に入社したのに、田舎の遊園地で働くことになった波平久瑠美を演じた波瑠さんとその遊園地で“魔法使い”と呼ばれているいつも笑顔のカリスマ上司・小塚慶彦役の西島秀俊さんが名古屋市内でインタビューに応じました。
映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』の撮影は昨年の夏に熊本県のグリーンランドで行われました。実際に営業中の遊園地での撮影だったことから波瑠さんは「働いているお客さんの前にいないスタッフの姿が見られたのは良かったです」と話しました。西島さんは「皆さんを楽しませる分、裏方は大変なんだなと思いました」と語りながら、ユニークなスタッフにも遭遇したことを明かしました。「温かい空気感のあるスタッフの方々でした」と言い、グリーンランドには西島さんが演じた小塚だけでなく、柄本明さんが演じた園長や岡山天音さんの演じた吉村についてもモデルとなったスタッフが存在することを教えてくれました。
波瑠さんは「お天気に恵まれていいことなんですが、本当に溶けそうな痺れる暑さでしたね」と撮影を振り返り、特に映画の初めのほうに出てくるヒーローショーのシーンの大変さを語りました。「朝から日没まで撮影したんですけど撮り切れなくて、着ぐるみを着ている方も大変でしたし、スタッフの方は日に焼けて真っ黒になってました。」と厳しい日差しと暑さの中での撮影だったことを教えてくれました。西島さんはエキストラとして参加していただいた熊本の方々について「風船を楽しそうに膨らませてくれている姿が印象深いですし、熊本の皆さんと映画を作れたのが幸せな思い出となっています」と語りました。本作のメガホンをとった波多野貴文さんや橋本愛さんが熊本出身であることも述べながら「熊本を応援したい気持ちはみんなの中にあったと思います」と話しました。