「アニメは人生の柱」劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』名古屋 舞台挨拶に高杉真宙さん、Lynnさん、藤井ゆきよさん、牛嶋新一郎監督が登壇

9月1日に公開となった劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』の公開2日目に名古屋駅前のミッドランドスクエアシネマで行われた上映後舞台挨拶に声優をつとめた高杉真宙さん、Lynnさん、藤井ゆきよさん、そして牛嶋新一郎監督が登壇しました。主人公の男子高校生「僕」の声を担当した高杉さんは「今日、これで最後なんですよ。たくさんお話ししたいことがあります。」と舞台挨拶の機会はこの回が最後であることを伝え、「公開前は不安で緊張してたんですけど、皆さんに温かく迎え入れてもらえると安心する感じがあります。」と笑顔をみせました。
膵臓の病気で余命いくばくもない天真爛漫な女子高生・山内桜良の声をつとめたLynnさんは「多分、名古屋に初めて来ました。それがこのキミスイでよかった。」と話し「アニメーションでしか表現できない部分、アニメーションだからこそ際立って皆さんの心に響いていくっていうシーンがたくさんあって、こういう作品に参加できて幸せだと思いました。」と作品への想いを語り、初日から続いている舞台挨拶について「ついつい泣いちゃったりしても、暖かい涙なので、心が満たされている2日間でしたね。」と振り返りました。
桜良の親友である恭子の声を演じた藤井ゆきよさんは客席を見つめながら「優しい顔をされてますよね。皆さんの心の中にもキャラクターが存在してくれているのかなと思うと、親ではないんですけど、我が子のような気持ちで(嬉しいです)。」と上映後のお客さんとの時間を心から楽しもうとしている様子が伝わってきました。
今作が初監督という牛島監督は「2年近くかけてこの作品を作って来て、感謝の気持ちと感慨深い気持ちでいっぱいです。」と話し、「原作が高く評価されている作品なので、ずっと不安に思っていて、やっとグッスリ眠れるなと思います。sumikaさんのエンディング「春夏秋冬」が流れると、いろいろな涙が流れます。」と鑑賞後のお客さんの表情を見てホッとしたと素直な気持ちを明かしていました。
作中で「僕」と桜良が福岡旅行の際にトランプを使って行った「真実か挑戦かゲーム」
にちなんで、高杉さんとLynnさんが司会者の出すお題にチャレンジすることになりました。高杉さんは「共演者のみなさんに伝えたいことを叫ぶ」という「挑戦」を選択し、「普段、あんまり大声出さないですけど、叫びますよ。」とマイクを藤井さんに預け、両手で口を囲って「皆さんとお仕事できて良かったです!一ファンより!!」と大きな声を張り上げました。アニメファンを公言している高杉さんにとって、今回の仕事は特別なものだったようで「僕にとってアニメは人生の柱なんです。僕の青春の全てなんですよ。」とアニメを作っている人々への感謝の気持ちを伝えました

Lynnさんへの「映画内の好きなシーンを再現せよ」というお題が発表されると間髪入れずに藤井さんが「挑戦で!!」と選択し、どのシーンを再現するかについてもスクリーンに視線を投げて「タイトルあるね~」などと藤井さんが誘導し、オープニングの桜良と「僕」のシーンが再現されることになりました。

藤井さん「シーンは図書館。」
Lynnさん「やっぱり君にしか頼めないんだよ~」
高杉さん「えっ?まさか!」
Lynnさん「君の膵臓をたべたい!」

と鳥肌モノの再現が披露されると藤井さんがオープニングテーマのメロディを口ずさんで、まさに映画が始まりそうな雰囲気になり、「あのオープニングいいですよね。」などと盛り上がり、会場からも大きな拍手が贈られました。
本気の再現を目の前で目撃できたことで、もう一度、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』観たくなりました!!