群馬のディープスポットも!?映画『榎田貿易堂』渋川清彦さん、飯塚健監督 名古屋公開初日舞台挨拶

8月4日より名古屋で公開となった映画『榎田貿易堂』は『パンク侍、斬られて候』『ルームロンダリング』など話題作への出演が続く渋川清彦さんが主演をつとめ、飯塚健監督によるオリジナルストーリーの作品で、渋川さんと飯塚監督の故郷である群馬県渋川市を舞台に迷えるオトナたちの喜怒哀楽を軽やかに描いた群像劇です!
名古屋シネマテークで行われた初日舞台挨拶に渋川さんと飯塚監督が登壇しました。渋川さんは「群馬県渋川市出身の渋川清彦です。本名は田中と申します。」とお客さんを笑わせ「今池の一個前の千種駅で降りて、目の前にある店であんかけスパゲティを食べてきたんですけど、すごくボリュームがあってお腹いっぱいです。」と名古屋飯ランチを楽しんだことを教えてくれました。
飯塚監督も渋川さんと同じ群馬県渋川市出身で、本作の始まりについて「渋川市の隣の前川市出身の狩野プロデューサーが僕とKEE(渋川)さんを引き合わせてくれて、一緒に地元で映画を作らないかと言われました。」と明かし、内容については渋川さんと飯塚監督が地元の育った場所を車でウロウロしながら考えたそうです。映画には群馬の超B級スポット‟珍宝館”が登場するのですが、渋川さんが飯塚監督を‟珍宝館”へ連れていったそうで「(渋川さんが)『これ映画の中に入れてよ』ってムチャぶりみたいなのされて、あの場所でどう物語を展開できるかなーと思ったらああなった。」と飯塚監督が話していました。大人ならではの笑える下ネタもたっぷりで、‟珍宝館”のシーンには名物館長も出演していますよ!
舞台挨拶終了後には劇場ロビーでサイン会が行われ、たくさんのお客さんが列を作り、渋川さんと飯塚監督との交流を楽しんでいました。