【7/28~8/3】26歳の若手注目監督の映画『赤色彗星倶楽部』を上映する名古屋の映画館

7月28日から名古屋で1週間限定で公開される映画『赤色彗星倶楽部』は群馬県出身26歳の武井佑吏監督の初の長編作品です。2017年のインディペンデント系映画祭を席巻した本作は、とある高校の天文部をめぐる青春SF群像劇です。映画『赤色彗星倶楽部』が観られる名古屋の上映館や上映スケジュール、上映期間中、連日行われる舞台挨拶の予定をご紹介します。
7月28日から名古屋で1週間限定で公開される映画『赤色彗星倶楽部』はPFFアワード2017日活賞&映画ファン賞、田辺・弁慶映画祭2017グランプリ、東京学生映画祭2017準グランプリを受賞し、2017年のインディペンデント系映画祭を席巻した作品です。
監督を務めたのは、本作あ長編デビュー作となる群馬県出身26歳の武井佑吏監督です。早稲田大学映画研究会にて映画制作を開始し、現在はテレビマンユニオンのディレクターをされています。好きな監督に大林宣彦を挙げていて、1985年公開の相米慎二監督の映画『台風クラブ』を彷彿とさせるという評判もあり、80年代の日本映画の雰囲気があります。
高校生の日常、幼なじみや同級生への恋心が描かれているものの、いわゆる少女漫画原作映画のキラキラものとは一線を画す趣のある雰囲気が魅力です。高校の天文学部で仲間たちと平凡で充実した日々を過ごす男子高校生が主人公で、数十年に一度、地球から観測されるという赤色彗星に関する奇妙な学説を聞き、彗星と同じ物質を作ってみることに。主人公の幼なじみを演じるのは注目の若手女優手島実優さん、彼女の存在は本作の魅力のひとつです。SFと青春が入り混じった本作の中盤で起こるある出来事からラストに向けて描かれる主人公を中心とした天文学部のメンバーの姿には胸を熱くさせられます。