【9/11更新最新情報】話題沸騰!連日満席!映画『カメラを止めるな!』が観られる名古屋・愛知・岐阜・三重の映画館

映画『カメラを止めるな!』は低予算のインディーズ映画でありながら、6月23日に東京・新宿K’sシネマで封切してから連日満席の記録を作り、映画ファンの間で話題沸騰中の作品です。監督は「100年後に観てもおもしろい映画」をスローガンに娯楽性の高いエンターテイメント作品を創り続けている上田慎一郎監督、現在までに7本の映画を監督し、国内外の映画祭で多くの賞を受賞、今作が劇場用長編デビュー作となります。無名の新人監督と俳優達が創った”まだどこにもないエンターテインメント”映画『カメラを止めるな!』が観られる名古屋の映画館、上映スケジュールをご紹介します。

7月21日よりついに名古屋で公開!映画『カメラを止めるな!』

映画『カメラを止めるな!』は監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾作品です。短編映画で各地の映画祭を騒がせた上田慎一郎監督待望の長編は、オーディションで選ばれた無名の俳優達と共に創られた渾身の一作。脚本は、数か月に渡るリハーサルを経て、俳優たちに当て書きで執筆。他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバルをはじめ、挑戦に満ちた野心作です。
2017年11月に初お披露目となった6日間限定の先行上映では、たちまち口コミが拡がり、レイトショーにも関わらず連日午前中にチケットがソールドアウト。最終日には長蛇の列ができ、オープンから5分で札止めとなる異常事態となったとか。劇場公開を待ち望む声に応えて、封切館となった東京・新宿K’sシネマでは公開から連日満席が続き、ネット予約システムがないため、チケットを求めて朝から映画館に駆けつけるファンも多いそうです。池袋シネマ・ロサ、イオンシネマ大宮での公開も始まり、7月13日からはイオンシネマ京都桂川で、7月14日からは渋谷ユーロスペースや川崎チネチッタでも上映されていて、連日満席やそれに近い状態で、各地のお客さんを楽しませているようです。
映画を観た方の感想にも「今年一番笑った映画」「文句なく面白い」「ものづくりへの愛が溢れている」「映画愛を感じる」などネタバレに配慮しつつ、絶賛のコメントが多く寄せられています。リピーターも多いそうで、2度3度と観ることで新たな発見があるなど中毒性の高さも魅力のひとつのようです。

映画『カメラを止めるな!』が観られる名古屋の映画館

映画『カメラを止めるな!』は7月21日より以下の映画館で上映が始まります!上映は1日1回、座席数は51席、劇場内は自由席、入場は当日の朝から配布した整理券の番号順となるので、上映は夜ですが早めに劇場へ行き整理券をゲットしたほうがよさそうです。営業時間は朝10時から前売券を持っている方も整理券との交換が必要です。
そしてシネマスコーレでは公開期間2週間の予定でしたが、「2週で止めるな!」になる予定との情報も!!シネマスコーレの木全支配人からは「今、最も面白い面白い映画が誕生してしまった」とコメントを発表していて、名古屋で映画『カメラを止めるな!』がどんな伝説を作ってくれるのか、今から楽しみで仕方ありません!!