鈴木敏夫さん来場「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」開幕!カオナシ撮影会の様子など

6月23日から7月16日まで名古屋市中区栄の松坂屋美術館(松坂屋南館7F)で開催される「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」の開会式が行われました。開会式に参加したスタジオジブリ代表取締役プロデューサー鈴木敏夫さんは名古屋市出身で、大のドラゴンズファンとして知られており、前日の夜に名古屋ドームで中日ドラゴンスの試合を観戦していたそうです。また、小学生の頃には描いた絵が松坂屋をはじめデパートによく飾られていたことを懐かしそうに振り返っていました。また今回のポスターのコピーを指し「よく言いましたよね。ジブリは名古屋で生まれたって、僕が考えたんですけど。(コピーは「ジブリは、名古屋から始まった!」)お客さん来ないと心配だなぁということで、名古屋の人にはアピールしよう、これが本音でした!!」と集まったマスコミ陣を笑わせました。テープカット後の囲み取材でこのポスターについて宮崎駿さんにはバレないようにしていたことを明かし「(ポスターを)絶対に見せるなと指示しておいたんですが、見つかってしまったみたいだけど、そのことは話題にしませんね。」と話していました。
鈴木さんは名古屋での開催について「本当はやりたくなかった」「死んでからにしてほしかった」などと笑わせながら、自分の名前がついている展覧会について「判断するのはお客さんが来てくれたかどうかなんですよ。今回も同じ気がしています。」とプロデューサーとしての視点で語り、「ジブリを世の中に紹介していくひとつの切り口、絵だけじゃなく言葉という切り口もある」とジブリファンへのアピールもしていました。