ボイメン田村侑久さんと秦建日子監督がポッキー餃子!映画『キスできる餃子』名古屋先行上映舞台挨拶

6月22日に公開となる映画『キスできる餃子』は栃木県宇都宮市が舞台のラブコメディで、名古屋駅前のミッドランドスクエアシネマで名古屋で初めて一般のお客様に観ていただく先行上映会が行われました。主演をつとめた足立梨花さんの等身大パネルを持って登場したのは、本作に出演しているBOYS AND MENの田村侑久さんと勇翔さんの2人。パネルからひょっこりと顔を出した田村さんとその様子を微笑ましく見つめ勇翔さんが印象的でした。
田村さんが「イケメンプロゴルファー役を演じた田村侑久です。」と挨拶すると会場から俄かに笑いが起き、「みんなイケメンだと思ってる?」と聞くと拍手の音がパラパラと鳴りました。「みんな、僕のことラブなので、キスするの?えーー嫌ーーみたいな感じなのかな」と言うと会場の皆さんが(イヤイヤそうでもない)という反応をみせるという、田村さんとファンの方の楽しい掛け合いが行われていました。
主人公の元ダメ旦那を演じている勇翔さんは「出演シーンはそれほど多くないのですが、服装が独創的だったり、殴られるシーンがあって、監督の考えていたことが凄くて、頑張りました。」と撮影の様子も話してくれました。
映画『キスできる餃子』のイケメンゴルファー役のオファーについて聞かれた田村さんは「秦監督から田村にオファーが来ているけれど事務所的には1回ストップしたと言われました。」と話し、その理由として、「イケメンプロゴルファー役だから事務所的には田村じゃないと思う」と言われたそうで、勇翔と一緒に監督に会いにいくことになったことを臨場感たっぷりに教えてくれました。
舞台挨拶も中盤になり、サプライズゲストとしてこの日、たまたま名古屋に会議で来ていた秦監督が餃子を持って登場しました。舞台挨拶直前に田村さんが餃子を使ったゲームを思いつき田村さん、勇翔さん、秦監督の3人で餃子ロシアンルーレットをやることになったそうで、スタッフが急遽、餃子を準備をしてくれたそうです。さらにロシアンルーレットでワサビ入りのハズレ餃子を引いた2人が餃子を使ったポッキーゲームでキスをする、題して「ポッキー餃子」のオマケつき!考案者である田村さんは秦監督と勇翔さんでのポッキー餃子を期待している様子でした。
餃子を選ぶ順番を決めるじゃんけんでも、「忖度しろよ」と言った秦監督をあっさり裏切り、田村さんと勇翔さんが勝ってハイタッチ!田村さんから好きな餃子を選ぶのですが、結局はお客さんの意見を聞き、それぞれに選んだ餃子を箸で口元に運び、せーので口に入れました。
ワサビ入りのハズレを引いたのは田村さんと秦監督の二人!ワサビ入り餃子の辛さに涙を見せながら、ポッキー餃子を行うことになりました。ポッキー餃子は田村さんが餃子を咥え、秦監督が嫌がりながらも田村さんの顔を掴んで勢いよく一気に田村さんの口にかぶりついたので、素早すぎてよく見えなかったお客さんもいたようです。田村さんは「監督、ポッキーゲーム知ってます?普通、ちょっとずつ焦らして、いくのか?いかないのか?って感じですよ!」と言いながら、田村さんと秦監督の唇がどんな様子だったかを手で表現してくれました。