どえりゃー連発!映画『焼肉ドラゴン』名古屋試写会に真木よう子さん、井上真央さん、桜庭ななみさん、鄭監督登壇

6月22日に公開となる映画『焼肉ドラゴン』は鄭義信さんが日本の演劇賞を総なめした戯曲を映画化した作品です。鄭監督は『愛を乞う人』『血と骨』などを手がけた脚本家としても有名で、今作が初監督映画となります。映画『焼肉ドラゴン』は万国博覧会が開催された1970年の関西を舞台に、小さな焼肉店“焼肉ドラゴン”を営む在日韓国人家族の姿を通して時代の変遷を映し出す物語で、長女役に真木ようこさん、次女役に井上真央さん、三女役に桜庭ななみさん、次女と結婚する男に大泉洋さんなど日本の映画界を代表するキャスト、韓国映画の名優も参加しています。名古屋駅前のミッドランドスクエアシネマで行われた中京テレビ特別試写会の上映前舞台挨拶に真木よう子さん、井上真央さん、桜庭ななみさん、鄭監督が登場すると満員の客席から大きな拍手や掛け声が起こりました。
名古屋はこの日、梅雨入りをしたため雨の中の来場を労いながら、井上さんは「本当にありがとうございます。どえりゃー嬉しいです。どえりゃーって名古屋の方、使わないんですよね。なんだか言いたくなっちゃって。」と会場を沸かせました。鄭監督は「この作品が皆様の心に残る一作となりますよう心から祈っています。三姉妹もがんばっていますので、最後までごゆっくりご覧になってください。」と挨拶をしました。
撮影中の様子を聞かれた桜庭さんは「本当に楽しかったです。真木さんはクールだけど優しくて、いたずらしたくなる。」と話し「変な味のビーンズを食べさせました。泥の味とか、血の味、ミミズの味をいっぱい食べてもらいました。」と言うと、真木さんは当時ことを思い出した様子で「食べました、食べました、食べさせられました。可愛いから許しちゃうんですよね。顔見てるだけで充分ですよ。」と優しく笑いながら話していました。井上さんは「私は兄がいるので、お姉ちゃんや妹、弟が欲しい(と思っていて)夢が全部叶ったので、毎日ほんとに楽しかったです。」と撮影期間を振り返っていました。共演した大泉洋さんについて真木さんは「大泉さんはムードメーカーでもあるんですが、物事を広い目で見られる方なので現場で困ったことがあったりすると頼りにしていまいした。」と言い、井上さんは「(キム・サンホさん演じる)アボジと大泉さんが現場を和ませてくださったなという感じですね。」と話しました。
司会者から三人の女優さんの印象を聞かれた鄭監督は「真木さんは男前です。情に厚い、気持ちが大きく揺れ動く人だなという感じです。(井上)真央ちゃんは自分の立ち位置がわかっている。こちらの要求したことをちゃんと理解して、きちんと自分なりに消化して演技ができる人だなと感心しました。(桜庭)ななみちゃんはとても可愛いです。最初はどうなるかなと不安もあったのですが、どんどん良くなって若いから吸収と成長が早いです。」と三姉妹を演じた女優さんについて話していました。