映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』西村まさ彦さん、夏川結衣さん、山田洋次監督が名古屋に!

5月25日公開の映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』の先行上映会が名古屋駅のミッドランドスクエアシネマで行われました。上映前の舞台挨拶に西村まさ彦さん、夏川結衣さん、山田洋次監督が登壇しました。撮影中のエピソードや夏川さんが台本を見たときに驚いたことなどを振り返ったり、西村さんの独特の間で笑いが起きるなど、和気藹々と楽しいトークが繰り広げられました。
『家族はつらいよ』は2013年公開の山田監督の映画『東京家族』で家族を演じた役者陣が集結し、第1作は「熟年離婚」、第2作では「無縁社会」をテーマに日本中の家族を持つ多くの人々が共感し大ヒット作品となりました。シリーズで西村さんは橋爪功さん演じる平田周造の長男・幸之助を、夏川さんはその妻・史枝を演じています。
司会者から名古屋の印象を聞かれた山田監督は「僕のお袋は名古屋の出身ですから、子供の頃からよく来ていますよ。」と答え、名古屋のいいところについて「名古屋メシは?」と問われると「そんなものを褒めたってしょうがないなぁ。名古屋の人の魅力を語らなきゃいけないんでしょうけど、うまく言えないなぁ。」と少し困った様子と可愛らしい表情をみせていました。
シリーズ3作目となる『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』は、三世帯で暮らしている平田家の主婦である史枝が家出をして一家が大混乱するいう物語です。山田監督は「過去の2作を作る中で、三世代の家族の中心の2人(幸之助と史枝)に愛情の上でヒビが入るということがありえるなと思って、3作目はこの2人を中心とする話にしたわけです。」と西村さんと夏川さんが演じる幸之助夫妻がメインのストーリーになった理由を教えてくれました。
夏川さんは「台本を読みながらビックリしたんですが『史枝フラメンコ踊る』と書いてありまして。」と話し出すと山田監督は「前もって言わなかったもんね。」と言い、夏川さんは山田監督からフラメンコを踊れるのかどうかなどと聞かれたこともなかったことを明かしました。このことについて山田監督は「考えたら失礼なことをしたなと。大変でしたね彼女(夏川さん)は。すごくハードな練習をしなんじゃないでしょうか?」と少し申し訳なさそうに当時を振り返っていました。夏川さんは「(フラメンコは)ものすごく難しかったです。でもフラメンコというのは怒りを表現しているんです。自分の不甲斐なさをぶつけてみました。」と撮影時の様子を話してくれました。
西村さんがフラメンコダンサーと一緒に踊る夏川さんのひたむきさを褒めると、夏川さんは監督から「夏川くん、周りだーれも汗をかいていないのに、どうして君はそんなに汗をかいているんだい?」と言われたことを話し、何にも言い返せなかったという発言に会場のお客さんから笑いが起きていました。監督は「妄想のようなシーンだから完璧に踊らなくてもいいんだけれど、結果としては見られるフラメンコになっていると思います。」と話し、夏川さんを苦笑いさせていました。