toggle
2017-07-16

爆笑必至!小栗旬さん来名!映画『銀魂』舞台挨拶レポート


7月14日に全国で公開となった映画『銀魂』の大ヒット舞台挨拶が名古屋・名駅近くのミッドランドスクエアシネマ2で行われました。主演の小栗旬さん、長澤まさみさん、佐藤二朗さん、福田雄一監督が登壇した爆笑連続の舞台挨拶の様子をレポートします。(取材日: 2017年7月15日)

飲みの席が続いているようなリラックスした雰囲気

舞台挨拶に登壇した皆さんは昨夜、東京での初日舞台挨拶の打ち上げで飲んでいたそうで、特に二朗さんはまだ顔も赤く「なんなら今も酔ってます」と話し、飲みの席の延長のような雰囲気でスタートしました。

二朗さんは春日井市で生まれ、東郷町で育ったということで、「おかえり」のパネルを見つけると「スガキヤ食ってるかー!」と会場を盛り上げました。また客席には二朗さんの親御さんも来場されていました。地元だからなのかリラックスしすぎてオナラをしたり股間を掻いたりする二朗さんは小栗さんや福田監督にたしなめられる場面もありました。

二朗さんの暴走は舞台挨拶の終盤まで続き、福田監督や小栗さんからも小学生男子が大好きなワード(文字にするのが憚られるモノなので、皆さんのご想像におまかせします)が次々に飛び出していました。長澤さんが「そうい映画じゃないですよ」とフォローすると小栗さんは「いや、そういう映画でしょ(笑)」と返し、会場を沸かせていました。4人のトークがあまりにも軽妙で、取材中にもかかわらず、笑い過ぎて涙が溢れるほどでした。

スポンサーリンク

名古屋での舞台挨拶は福田雄一監督のおかげ

当初、舞台挨拶は東京・丸の内で公開初日に4回だけ行う予定だったのですが、配給会社であるワーナー・ブラザースに福田監督がツイッターでリクエストをし続けたところ、名古屋と大阪、福岡で舞台挨拶を行うことが決定したそうです。

福田監督!!ありがとうございます!!

『銀魂』舞台挨拶のお約束になったアレも披露

映画に関するトークに入る前に福田監督のフリで、舞台挨拶の恒例になっているという小栗さんによるおばたのお兄さんの逆モノマネも披露されました。名前を呼ばれたのは最前列で「旬様大好き」というパネルを持っていた女の子、とても良い記念になったのではないでしょうか。東京の舞台挨拶の時にはおばたのお兄さんのネタをよく知らなかった二朗さんも名古屋ではなかなかの逆モノマネを披露していました

スクリーンに小栗旬はいない

福田監督は映画を観た人のツイートもチェックしているようで、「スクリーンに小栗旬はいない、そこには銀さんしかいなかった。」という言葉がとても嬉しかったそうです。確かに、小栗さんってこんな顔だったかな?と思うシーンもあり、小栗さん以外のキャラクターについても再現度の高さに驚かされました。

反対に、二朗さんとムロツヨシさんは原作キャラクターとかけ離れた福田雄一ワールド全開での出演となっており、長澤さんは「終始、笑った。常連の方々が出てくるだけでズルイ」と話していました。二朗さんとムロさんは『勇者ヨシヒコの冒険』や『スーパーサラリーマン左江内氏』などでもいい味を出していて、福田監督の作品には欠かせない俳優さんですよね。

映画の見所から小栗さんの貪欲さまで

笑いどころがたくさんある映画『銀魂』で二朗さんが観て笑ったポイントに話が及ぶと、上映前なのでキーワードだけということでしたが、長澤さんの「朗読」と「禁断のボタン」というキーワードが紹介されました。二郎さんは映画で絶対やっちゃいけないことを福田監督はやっていると話し、これから映画を観るお客さんは期待を膨らませていました。

福田監督が小栗さんは他の俳優さんの芝居に刺激を受けたり、自分が演りたかったと嫉妬気味に話すこともあると振ると、小栗さんは7月14日から放送が始まった連ドラ『ハロー張りネズミ』での瑛太さんのポジションが欲しかったと話し、俳優としての貪欲な一面を見せていました。

ラストはお客さんへのサプライズ

舞台挨拶も終盤にさしかかり、マスコミ向けのフォトセッションも終わろうとした時、福田監督がスタッフに確認をとり、小栗さんからお客さんへの撮影タイムのプレゼントが発表されました。10秒間という短い時間でしたが、ほとんど全てのお客さんが携帯電話を取り出して、興奮した様子でスクリーン前の登壇者を撮影していました。

主題歌を歌うのは小栗旬さん?

最後の一言を求められた小栗さんは『銀魂』は映画館で皆んなで笑って一丸となって観る映画、大いに笑って楽しんでほしいと話し、「冒頭でいきなり僕が主題歌を歌っている。そこから笑ってほしい。」と実際の主題歌は裏主題歌だとジョークを飛ばし、会場を笑いで包んでいました。

作品情報

『銀魂』

「少年ジャンプ」で連載中の空知英秋の原作人気コミックの実写化映画。江戸時代の末期に宇宙人によって開国をした江戸を舞台に、よろず屋を営み侍魂を持つ男・坂田銀時と仲間たちの活躍が描かれるSF時代劇。銀時は廃れた剣術道場の息子・新八や戦闘種族である夜兎族の少女・神楽と出会って、次々と起きる事件を解決していきます。「勇者ヨシヒコの冒険」などが人気の福田雄一監督のもとに豪華なキャストが集結し、SFと時代劇、ギャクとアクション、人情話まで盛り込んだ、エンタテインメントてんこ盛りの痛快な作品となっています。

監督:福田雄一

出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、中村勘九郎、堂本剛

ミッドランドスクエアシネマほかにて公開中

配給:ワーナー・ブラザーズ映画

映倫区分:G

オフィシャルサイト

(C)空知英秋/集英社 (C)2017  映画「銀魂」製作委員会

スポンサーリンク
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です