感情爆発演技で爽快感!映画『人狼ゲーム インフェルノ』主演の武田玲奈さんに名古屋でインタビュー

映画『人狼ゲーム インフェルノ』は武田玲奈さんが主演し、強制的に集められた高校生たちが命をかけた「人狼ゲーム」に挑戦し、生死を争うさまを描いたサバイバルサスペンスです。シリーズ7作目となる本作はテレビでの連続ドラマの続きの物語となっていて「人狼ゲーム」シリーズ第3作から第6作でメガホンを取ってきた綾部真弥さんが監督を務めています。ドラマの放送が始まったばかりの頃に主演の武田玲奈さんが名古屋でインタビューに答えてくれました。

これまでに桜庭ななみさんや土屋太鳳さんなどが主演をつとめてきた人気シリーズ「人狼ゲーム」の最新作は武田玲奈さんが主演しています。今回はメ~テレほかで1月から3月下旬まで連続ドラマとして「人狼ゲーム ロストエデン」が放送されていて、その完結編となる映画『人狼ゲーム インフェルノ』が4月7日に公開されます。

武田さんは自身が演じた紘美という役について「最初の印象は優等生で学級委員という正義感の強い女の子だったんですけれど、物語が進んでいくにつれて変わっていく様子を表現するが楽しいなと思いました。変化していくポイントを作って、だんだん終盤に向けて強い女性になって行けたらと思いました。」と話していました。武田さんと紘美との共通点をお聞きしたところ、学生時代の武田さんは紘美とは逆で「人前に出るのが好きではない、自分は前に出ないタイプ」だったそうです。
今回の撮影で新たな演技に挑戦したことについて「思いっきり叫んだり、思いっきり泣いたり、感情を爆発させるところで辛い気持ちもあったけど、終わった後に爽快な気分にもなりました。出しきるのが大変であり、素晴らしいことだと感じました。」と全力で挑んだ撮影で感じたことを話してくれました。「生きるか死ぬかになってからの友情がもう一つの見どころです。」と注目ポイントも紹介してくれました。ドラマから映画へと物語は続いていますが、映画ならではの過激な表現もあり、ドラマから観ている人にも、映画から観る人にも楽しんでもらえる展開になっています。ドラマの1話と映画のクライマックスでの武田さんの表情の違いをぜひ確認してください。