全方位神対応の岩田剛典さんが名古屋に「ただいまー!」映画『去年の冬、きみと別れ』舞台挨拶に登壇

3月10日に公開された映画『去年の冬、きみと別れ』は映像化不可能と言われた芥川賞作家・中村文則さんによるサスペンス小説が原作で、三代目 J Soul Brothersの岩田剛典さんが初の単独主演をつとめています。岩田さんが演じるのは婚約者との結婚を控え、幸せの只中にいる新進気鋭のライター・耶雲恭介、謎の焼死事件の真相を追ううちに抜けることの出来ない深みに飲み込まれていきます。

映画公開1週間となった3月17日に名古屋駅のミッドランドスクエアシネマ2で大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、岩田剛典さんとある重要な鍵を握る役を演じた土村芳さんが登壇しました。

この日は弾丸舞台挨拶ツアーで大阪・福岡を回ってきていて、名古屋は3箇所目。岩田さんのファンがたくさん集まった会場では岩田さんの一挙手一投足に歓声があがり、地元である名古屋への凱旋を果たしたことで、「おかえりー」「ただいまー」とコール&レスポンスが行われました。

映画上映後の舞台挨拶ということで、お客さんから映画を観た感想や質問を受けつけることになり、お客さんから「なんでそんなにかっこいいんですか?」と質問されると岩田さんはお客さんを見つめながら「なんでそんなにかわいいんですか?」と逆質問をして客席を沸かせました。

その後も映画とは関係のない質問が続いたためか、岩田さんは「なんだかすみません」と紳士的に土村さんを気遣う様子を見せ、思いがけない質問やお客さんとのやり取りに岩田さんの隣で楽しそうに笑っている土村さんの姿も印象的でした。

映画『去年の冬、きみと別れ』は3月10日(土)、ミッドランドスクエア シネマ 他にてロードショー
©2018 映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会