「でら嬉しー!」映画『坂道のアポロン』知念侑李さん、中川大志さん、三木監督が名古屋で舞台挨拶に登壇!

3月10日に公開となった映画『坂道のアポロン』は漫画家・小玉ユキ氏による「このマンガがすごい!2009オンナ編」の第1位に輝いたコミックが原作で、孤独な青年が転校先の高校で一生ものの友情と恋と音楽に出会い、自らの人生を切り開いていく10年を描いています。
主人公の薫を演じた知念侑李さん、薫と運命的な出会いを果たした千太郎役の中川大志さん、メガホンをとった三木孝浩監督が名古屋駅のミッドランドスクエアシネマで行われた映画上映後の舞台挨拶に登壇しました。

司会者から「名古屋へようこそ」と言われると、知念さんと中川さんは2人で声を合わせて「名古屋に来られて、でら嬉しー!」と名古屋弁で挨拶し、客席を盛り上げました。

映画『坂道のアポロン』では知念さん演じる薫と中川さん演じる千太郎がピアノとドラムでセッションし、ジャズのナンバーを見事に演奏するシーンも見所の一つとなっています。三木監督は「知念君と中川くんが楽器の練習をすごく頑張ってくれて、文化祭のシーンとか素晴らしいものになったなと思っています。」と語りました。

中川さんは「楽器の練習から撮影、この作品と共に過ごしてきた時間が長いので、思い入れが強くて、残りの舞台挨拶の回数も少なくて寂しい気持ちもあります。ここからは皆さんの映画になっていって、この映画が広がっていったら僕たちも幸せです。」と話し、知念さんは「この映画は僕の中で“一生もの”の映画になったのでたくさんの人に観ていただいて、どこかで誰かの“一生もの”になったらいいなと願っています。これからも『坂道のアポロン』を愛してくれたら嬉しいです。」と締めくくりました。

映画『坂道のアポロン』は3月10日(土)より全国ロードショー
©2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 ©2008 小玉ユキ/小学館